トップ政治・法律・行政国際機関> IMF(国際通貨基金)
International Monetary Fund

IMF(国際通貨基金)
International Monetary Fund

設立及び目的

1945年設立(日本は1952年加盟) 本部:ワシントンD.C. (アメリカ)
目的: 国際通貨問題に関する協議の場を提供し、為替の安定の促進、秩序維持を図ること。

主な業務: ①対外的な支払い困難に陥った加盟国に対する一時的な外貨貸付(金融支援)。②各国経済情勢の調査・監視と、加盟国の経済政策への助言(サーベイランス)。③経済・金融分野の人材が不足している加盟国に対する、専門家の派遣と技術支援(テクニカル・アシスタンス)。



組織構成

総務会(Board of Governors)、理事会(Executive Board)、及びIMFスタッフの長である専務理事(Managing Director)で構成されています。
Governance Structure外部サイトへのリンク

総務会は通常、世界銀行グループの総務会と合同で毎年秋に開催されます(IMF・世銀年次総会)。年次総会において総務会は今後の主要な政策課題を特定し、理事会がこれらを実行に移すことになります。また、この総務会に助言・報告を行う委員会として国際通貨金融委員会及び世銀・IMF合同開発委員会が設けられており、この2つの委員会は秋だけでなく春にも会合を開いて議論を行っています(spring meeting)。

なお、総務会での議決は一国一票ではなく、加盟国には出資金に応じた票数が付与されます。

IMFのホームページ外部サイトへのリンク

IMFのホームページ外部サイトへのリンク(日本語。一部コンテンツのみ。)



統計

IMFの発表する主な統計は IMF Data外部サイトへのリンク にリストアップされています。また、これら以外の統計も含めたIMFの公式統計は同名データベースのIMF Data外部サイトへのリンクに収録されており、「Tables」「Query」「Documents」「Archive」等のタブから、ExcelやPDF形式でデータを取得することができます。(一部、IMF eLibraryに転送され、ユーザー登録が必要です。)

主な統計は次のとおりです。



Balance of Payments Statistics (BOPS)
所蔵:(Z61-F167)1981+
※1980年以前は、Balance of Payments Yearbook(332.45-I61b)1946/47-1950/54、Balance of Payments Statistics(Z51-L297)1954-1991として所蔵。
各国の国際収支統計。
公表期間:1945年~現在(※国により異なります。)
公表頻度:四半期ごと


Coordinated Direct Investment Survey (CDIS)
各国間の直接投資額の調査統計(各国からの報告金額をまとめたもの)。投資国から被投資国への個別の直接投資額や投資残高を年ごとに取得することができます。
公表期間:2009年~現在
公表頻度:1年ごと


Coordinated Portfolio Investment Survey (CPIS)
各国の国外への証券投資残高を、投資先の国別にまとめた調査統計。
公表期間:2001年~現在
公表頻度:1年ごと


Currency Composition of Official Foreign Exchange Reserves (COFER)
世界の外貨準備高の通貨構成統計。各国別ではなく、世界全体、主要国、新興国の3カテゴリー別。
公表期間:1995年~現在
公表頻度:四半期ごと


Direction of Trade Statistics (DOTS)
所蔵:(DT731-11)1969/75-1984/(Z61-B432)1985+
各国間の輸出入統計。貿易額のみで、品目別金額は掲載されていません。
公表期間:1960年~現在(※国により異なります。)
公表頻度:四半期ごと


Government Finance Statistics (GFS)
所蔵:(DT771-7)1978-1984/(Z61-B18)1985+
各国の財政統計。各国の中央政府及び一般政府(中央+地方)について、歳入・歳出計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書に相当するデータが掲載されています。小分類まで掲載されており、主要項目の内訳を各国で比較することもできます。(例:軍事費、農林水産業補助金、カテゴリ別の税収等)
公表期間:1950年~現在(※国により異なります。)
公表頻度:1年ごと


Financial Access Survey (FAS)
各国の金融サービスの状況や利便性についての統計。商業銀行の支店数、預金口座数、ATM設置台数、預金残高、各種ローンの貸付残高等のデータを収録。
公表期間:2004年~現在
公表頻度:1年ごと

Financial Soundness Indicators (FSIs)
各国金融システムの健全性に関する統計指標。金融部門の自己資本や不良債権比率、家計部門の債務残高等のデータが掲載されています。
公表期間:2008年~現在(※国により異なります。)
公表頻度:四半期ごと

International Financial Statistics (IFS)
所蔵:(DT781-6)1979-1984/(Z61-A112)1985-2018
各国の金融に関する統計。利子率、国民勘定、物価、政府歳入・歳出等のデータを収録。
公表期間:1948年~現在(※国により異なります。)
公表頻度:1か月ごと

World Economic Outlook (WEO)
所蔵:(DC21-148)1980-1985/(Z61-B126)1986+
世界経済見通し。各国の基礎データ(GDP、投資額、インフレ率、政府支出額、経常収支額、人口、失業率等)が年別にまとめられています。データの公表期間は、1980年から現在まで(確定値)、及び現在から5年後まで(予測値)です。
毎年春と秋に更新版が発表されます。IMF Data外部サイトへのリンク (http://www.imf.org/en/data)のほか、World Economic Outlook Databases外部サイトへのリンクのページからもデータが取得できるほか、World Economic Outlook Reports外部サイトへのリンクのページからはPDF版を取得することができます。



基本資料

IMFの発表する各種の年報、レポート、公式記録、広報誌、モノグラフ等のうち、最近のものはPublications外部サイトへのリンク 及びその中のDocuments and Publications (Advanced Search)外部サイトへのリンク から全文を閲覧することができます。

IMFの主な基本資料は次のとおりです。



年報、レポート

Annual Report of the Executive Board外部サイトへのリンク
所蔵:(DE173-7)1951-1984/(Z61-D650)1985-2007
IMFの活動を記した年報。

Annual Report on Exchange Arrangements and Exchange Restrictions(AREAER)外部サイトへのリンク
所蔵:(DE148-1)1951-1983/(Z61-B235)1985-2007
IMF加盟各国の為替取決や制限措置の状況についての年報。

Country Reports
4条協議レポートを含む、各国のカントリーレポート。

Article IV Staff Reports外部サイトへのリンク
「4条協議」のスタッフレポート。IMFでは加盟国に対して、IMF協定(Articles of Agreement外部サイトへのリンク)第4条に基づき、定期的に(通常は毎年)当該国の経済状況の調査・監視及び助言を行っています(サーベイランス)。サーベイランスでは、スタッフが対象国を調査した後、IMF理事会に報告書を提出し、理事会は報告書をもとにした見解を加盟国当局に報告します。このレポートは、サーベイランス・スタッフがIMF理事会での協議向けに作成する報告書です。

Financial Sector Assessment Program (FSAP)外部サイトへのリンク
アジア通貨危機を契機として、1999年から開始された金融セクター評価プログラム。対象国の金融システムの強靭性、規制・監督の水準、金融危機への対応能力などが分析されており、サーベイランスの重要な基礎資料となっています。原則、各国について5年毎に発表されることとなっていますが、公表頻度にはばらつきがあります。

Fiscal Monitor (FM)外部サイトへのリンク
加盟各国の国家財政の動向レポート。
公表頻度:半年ごと

Global Financial Stability Report (GFSR)外部サイトへのリンク
所蔵:(Z61-J813) 2009+
国際金融の安定性についての報告書。
公表頻度:半年ごと

Regional Economic Outlook (REO)外部サイトへのリンク
特定地域の経済状況と見通しについてまとめられた報告書。不定期に公表され、各号につき1つの地域(サブサハラや中東など)がテーマとなっています

Technical Assistance Country Report外部サイトへのリンク
国別のテクニカル・アシスタンス(IMFが行う金融分野の技術支援)のレポート。主に、支援要請があった国に対して準備される支援プログラムの内容などが掲載されています。



モノグラフ

IMFでは、最新の研究成果の共有や議論の深化のために、特定のテーマに関する報告書や論文を「○○ papers」等のシリーズで発表しています。

Occasional Papers
所蔵:(単行図書扱い)1981-1985/(Z61-B213)1985-2007
不定期に発表される論文シリーズ。

Policy Papers
IMFの政策決定の参考とするために職員が作成する各種レポート。特定分野や地域を分析したもののほか、IMFの収支や融資の状況をまとめたものや、G20向けの参考資料として作成されるものもあります。

Departmental papers
地域別の政策課題や現状についてのレポート。Policy Papersシリーズに含まれます。


Policy Discussion Papers  
所蔵:(Y525-PDP/)[国立国会図書館オンラインで検索不可] 1999-2007

Papers on Policy Analysis and Assessment  
所蔵:(Y525-PPAA/)[国立国会図書館オンラインで検索不可] 1992-1998
特定テーマについての学術的な要素が強い論文シリーズ。近年はほとんど発表されていません。

Staff Discussion Notes (SDNs)外部サイトへのリンク
IMF Staff Papers 
所蔵:(Z51-G38)1950-2010
IMFスタッフによる、特定のテーマについての特集・分析レポート。

Working Papers
所蔵:(Y525-WP/)[国立国会図書館オンラインで検索不可] 1989-2007/(Z61-J540)2008-2009
特定テーマについての学術的な要素が強い論文シリーズ。1年に多数(100タイトル以上)発表されています。



公式記録

Summary Proceedings of the Annual Meeting of the Board of Governors
所蔵:(DE173-8)1951-1983/(Y525-OR.2)1984-1999/(Z61-H333)2000-2007
総務会の議事要録。
Selected Decisions and selected documents of the International Monetary Fund
所蔵:(Y525-OR.3)1992-2000/(Z61-H363)2001+
重要な決議、決定を収録。

最近開催された総務会等の情報は、Previous Annual and Spring Meetings of IMF and World Bank Group外部サイトへのリンクで閲覧可能です。



その他定期刊行物

IMF Economic Review
所蔵:(Z51-G38)2010+
金融・経済に関する学術論文などを収録したジャーナル。年4回刊行。

IMF Research Bulletin
IMF Survey Online Magazine
所蔵:(Z51-N160)1972-2008
IMFの広報誌。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究