トップ調べ方案内科学技術・医学専門資料特許>特許番号から特許原文献を入手する(その1)−特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

特許番号から特許原文献を入手する(その1)−特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

目次

1. はじめに
2. 日本特許:特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)
3. インターネット情報源

 

1. はじめに

日本の特許は、特許庁外部サイトへのリンク(https://www.jpo.go.jp/indexj.htm)によって審査が行われます。2016年10月現在の制度では、特許庁は出願から原則1年6ヶ月が経過した時点で、審査の段階に関わらず公開特許公報を発行し、出願された特許案件を公開します。また、特許庁によって特許として認められ、登録された発明は特許公報によって公開されます。
なお、広義においては、公開特許公報も含めた、特許庁の発行する公報全般を指して「特許公報」と呼称する場合があります。本記事でも、注釈がない場合、「特許公報」は特許庁の発行する公報全般を指すものとします。

・国立国会図書館における特許公報の所蔵状況

国立国会図書館では、関西館にて公開特許公報などの特許公報を多数所蔵しています。しかし、独立行政法人 工業所有権情報・研修館外部サイトへのリンク(http://www.inpit.go.jp/)が運営する、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)外部サイトへのリンク(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/)でほとんどの特許公報が閲覧できること、関西館の書庫スペースが不足していることから、所蔵している特許公報のほとんどを利用することができません。特許公報を閲覧する際は、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)をご利用ください。

・特許公報の種類

注意!:ここで紹介する特許公報は、図書館で比較的よく尋ねられるものに限定しています。実際にはよりたくさんの特許公報が存在します。

先述したように、特許庁の発行する公報全般を指して「特許公報」と呼称するため、時代によって発行された特許公報は名称や内容が異なります。また、同一の特許案件に対して、それぞれの特許公報にて異なる番号が付与されます。

 

  • 公開特許公報
    昭和46(1971)年以降、特許出願から1年6ヶ月後に公開される公報です。特許出願人や発明者の情報(氏名、住所等)、明細書及び特許請求の範囲、記載した事項や図面の内容等が掲載されます。公開後、特許庁による審査を通ったもののみが特許として認められるため、この時点ではまだ特許として登録されているわけではありません。公開特許公報に掲載される際に付与される番号が公開番号であり、次のような体系となっています。

    【番号体系】
    平成12年以前  特開(昭|平)XX-XXXXXX  (例)特開昭46-000001
    平成12年以降  特開XXXX-XXXXXX      (例)特開2000-000100
  • 公告特許公報
    大正11(1922)年から平成8(1996)年まで刊行されていた公報です。平成8(1996)年の法改正で出願公告制度が廃止されたことに伴い、廃止されました。出願公告制度とは、審査官が権利化を認めた出願について、公告公報によって公衆に知らせ、特許異議申立を待つ制度です。大正11(1922)年から昭和24(1949)年までの公告特許公報には、特許の明細は抄録のみ掲載されているので、特許の詳細を確認したい場合は、特許発明明細書を調べる必要があります。公告特許公報に掲載される際に付与される番号が公告番号であり、次のような体系となっています。

    【番号体系】
    大正11年~平成8年   特公(平|昭|大)XX-XXXXXX  (例)特公平04-075274
  • 特許公報
    平成8(1996)年に公告特許公報が廃止されたことに伴い、新たに刊行されるようになった公報です。登録済みの特許のみが掲載されています。特許が登録された際に付与される番号が特許番号であり、次のような体系となっています。

    【番号体系】
    特許XXXXXXX (例)特許2500001

出願から登録までの流れと、公開される特許公報を整理すると下図のようになります。

index.png

 

2. 日本特許:特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

特許公報の多くは、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)外部サイトへのリンク(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/)で検索し、閲覧することができます。特許番号や公告番号などから特許公報をさがす際は、「特許・実用新案番号照会」外部サイトへのリンク(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/tokujitsu/tkbs/TKBS_GM101_Top.action)を検索します。

(1) 特許番号から特許を探す

年代によって、検索の手順が異なります。特許番号に対応する探し方は、下表にてご確認ください。

番号

年代

探し方

閲覧可能な公報

特許1~特許216017※1

明治18年~昭和30年頃

種別:特許発明明細書(C)
番号:特許番号を入力する。

特許発明明細書

特許216018
~特許484921

昭和30年頃~昭和40年頃

種別:特許発明明細書(C)
番号:特許番号について、先頭の「特許」を削除し、数字のみを入力する。
ここでリンク付きの公告番号が得られれば、リンク先から本文を見ることができます。
※特許番号によっては、対応する公告番号を調べることが可能です。関西館資料案内(電話:0774-98-1341)または関西館総合案内カウンターにご相談ください。

公告特許公報

特許484922
~特許2129250

昭和40年頃~平成8年頃

種別:特許発明明細書(C)
番号:特許番号について、先頭の「特許」を削除し、数字のみを入力する。
ここでリンク付きの公告番号が得られれば、リンク先から本文を見ることができます。

公告特許公報

特許2500001~

平成8年以降

種別:特許公報・公告特許公報(B)
番号:特許番号について、先頭の「特許」を削除し、数字のみを入力する。

特許公報

※1 特許45571~特許49999、特許50000~特許60000の中で番号が欠けているものがあります。これは、関東大震災後に登録の回復を為さなかったものや、そもそも特許登録がなされなかったもののようです。

(2) 公告番号から特許を探す

公告番号が分かっている場合、公告特許公報を探すのは容易です。ただし、昭和25(1950)年以前の公告特許公報は、特許の明細は抄録のみの掲載となっていますので、特許の詳細を確認したい場合は、特許発明明細書を閲覧する必要があります。

番号

探し方

特公大11-000001~特公平08-034772※1,※2

種別:特許公報・公告特許公報(B)
番号:公告番号について、先頭の「特公」を削除し、年号の部分をアルファベット(大→T 昭→S 平→H)に変換又は西暦に直して入力する。
特公大11-000001の場合
 →「T11-000001」又は、
   「1922-000001」と入力する。
ここでリンク付きの特許番号が得られれば、リンク先で特許発明明細書の本文を見ることができます。

※1 特公大12-50000から特公大12-51482の間で、大正12(1923)年12月24日までに登録されたものは、公告番号と特許発明明細書の番号が一致します。

※2 昭和18(1943)年12月10日から昭和21(1946)年11月15日までは戦時特例により出願公告制度が停止していました。

(3) 公開番号から特許を探す

公開番号が分かっている場合、公開特許公報を探すのは容易です。

番号

探し方

特開昭46-000001~

種別:公開・公表特許公報(A)
番号:
公開番号について、先頭の「特開」を削除し、年号の部分をアルファベット(大→T 昭→S 平→H)に変換又は西暦に直して入力する。
特開昭46-000001の場合
 →「S46-000001」又は、
   「1971-000001」と入力する。
特公平04-075274の場合
 →「H04-075274」又は、
   「1992-075274」と入力する。
ここでリンク付きの公開番号、公告番号や特許番号が得られれば、リンク先で特許発明明細書等の本文を見ることができます。

(4) 出願番号から特許を探す

出願番号とは、特許を出願した際に付与される番号です。

番号

探し方

特願大10-003318以前

番号から検索することはできません。

特願大10-003319以降

種別:特許出願番号
番号:出願番号について、先頭の「特願」を削除し、年号の部分をアルファベット(大→T 昭→S 平→H)に変換又は西暦に直して入力する。
ここでリンク付きの公開番号、公告番号や特許番号が得られれば、リンク先で特許発明明細書等の本文を見ることができます。

 

3. インターネット情報源

  • 内外国工業所有権公報類解題目録外部サイトへのリンク(工業所有権情報・研修館)(http://www.inpit.go.jp/data/koho/kaidai/index.html)
    平成10(1998)年に特許庁工業所有権総合情報館が発行したものです。当時の総合情報館が所蔵目録として編集した内外国の公報類に関する資料ですが、各公報類がいつ頃、どのように変化してきたかがわかりやすくまとめてあります。
  • 公報発行案内外部サイトへのリンク(特許庁)(http://www.jpo.go.jp/torikumi/kouhou/kouhou2/kouhou_hakkou_annai.htm)
    現在、特許庁で発行している公報の概要を紹介しています。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡