トップ調べ方案内調べ方一般調べ方の基本>国立国会図書館の資料の使い方(資料の特定方法)

国立国会図書館の資料の使い方(資料の特定方法)

閲覧したい資料のタイトルが特定できない場合に、内容情報などから資料を探す方法をご紹介します。
国立国会図書館の資料の使い方(概要)国立国会図書館の資料の使い方(来館前の準備)国立国会図書館の資料の使い方(インターネットで資料を利用する)も合わせてご参照ください。

目次


1. インターネットで探す

2. 有料データベースで検索する
3.目次を複写する
4. 近くの図書館に相談する
5. 複写のための記事掲載箇所調査



1.インターネットで探す

当館が提供する以下のデータベースでは、一部の資料の目次データや記事が検索できます。

本文まで公開されている場合もあります。詳しくは、記事・論文の探し方国立国会図書館オンラインで目次データを検索するにはで詳しくご紹介しています。
そのほか、分野別に多くのデータベースがあり、リサーチ・ナビの調べ方案内でテーマ別にご紹介しています。
また、外部機関が作成したデータベース・ウェブサイトでも内容情報を検索できるものがあります。

  • 青空文庫外部サイトへのリンク
    著作権の消滅した作品などを、全文検索することができます。
  • 発行元のウェブページ
    近年刊行された資料の場合、発行元のウェブサイトで目次を公開していることがあります。また、公共機関や研究所などの出版物の場合、本文までインターネットで公開されている場合も多いです。
  • 東京都立図書館 蔵書検索外部サイトへのリンク
    図書について内容細目・内容紹介(あらすじ)が検索できることがあります。
  • Cinii Articles外部サイトへのリンク(国立情報学研究所)(http://ci.nii.ac.jp/)
    学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービスです。本文までインターネットで読める論文もあります。また、利用登録すると有料公開の論文の閲覧もできます。
  • J-STAGE外部サイトへのリンク(科学技術振興機構)(https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja)
    日本国内の科学技術情報のデータベースです。電子ジャーナルを中心に、予稿集・要旨集、報告書、JST報告書を収録しており、「Free」の表示があるものは本文が見られます。
  • Google Scholar外部サイトへのリンク(http://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja)
    Googleの提供する検索サービスです。論文、学術誌、出版物などの検索ができます。
  • Googleブックス外部サイトへのリンク(http://books.google.co.jp/)
    Googleの提供する書籍情報の検索サービスです。書籍内の全文を対象に検索を行なうことができます。書籍によっては全文が閲覧できます。
  • Fujisan.co.jp外部サイトへのリンク(株式会社富士山マガジンサービス)(http://www.fujisan.co.jp/)
    近年刊行された雑誌の目次情報の多くを確認できます。
  • honto外部サイトへのリンク(株式会社トゥ・ディファクト)(https://honto.jp/)
    丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動したハイブリッド総合書店です。内容細目・内容紹介(あらすじ)が検索できることがあります。



2. 有料データベースで検索する

新聞記事や雑誌記事などを検索できる有料データベースは多数存在します。本文まで読める場合もあります。
当館でも、大手新聞の記事を検索するデータベース、 海外で刊行されている雑誌の記事等を集めたデータベース、分野別データベースなどを契約しており、館内で閲覧・検索できます(詳しくは、記事・論文の探し方当館で利用できる電子ジャーナル等をご参照ください)。
また、お近くの図書館で各種有料データベースを契約していれば、そこで利用することもできます。



3. 目次を複写する

来館できない場合は、当たりをつけた資料の目次を遠隔複写サービスを利用して入手し、内容を確認することもできます。



4. 近くの図書館に相談する

上記ウェブサイト等を利用しても、資料が特定できない場合は、お近くの図書館にご相談されることをおすすめします。
お探しの資料がお近くの図書館になくても、図書館職員が調査を行ったり、同じ地域内の図書館から資料を取り寄せたりすることが可能な場合もあります。
地域の図書館で調査ができない場合は、各図書館を通じて当館に問い合わせをすることもできます。
当館では各地の図書館を対象に、インターネットを通じた問い合わせサービスを行っています。
当館所蔵の資料について内容確認を希望される場合は、お近くの図書館を通じてお申し込みください。
なお、膨大な所蔵資料のほとんどを閉架書庫に格納している当館の特性上、お電話でのお問い合わせで資料を実際に見て確認することはできません。
これまで当館が各地の図書館から受けた問い合わせの例は、レファレンス協同データベースで見ることができます。
当館のレファレンス事例のほか、各地の公共図書館・大学図書館で回答した事例が登録されています。



5. 複写のための記事掲載箇所調査

複写のために特定の記事や論文の掲載箇所(巻、号など)を調査するサービスです。
複写を希望する論文などの掲載箇所がわからず、遠隔複写サービスを申し込めない場合にご利用ください。
申込みと回答は国立国会図書館オンラインで行います。
※館内からは申込みができません。また、サービスの利用には、あらかじめ利用者登録が必要です。
申し込める資料や件数などに条件があります。詳細は国立国会図書館オンライン(ヘルプ)をご確認ください。



関連する調べ方案内

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究