トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学図書館情報学>国立国会図書館の歴史を調べる

国立国会図書館の歴史を調べる

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

1.概略

国立国会図書館(以下、当館と呼びます)は1948(昭和23)年に設立されました。
あらましは以下のウェブサイトなどにまとめられています。

2.館史

当館は今までに以下のような館史を編纂しました。
「資料編」には年表、組織変遷図、幹部職員リストなどがあります。

当館ホームページ「国立国会図書館の館史」も参照してください。

3.当館史の関連文献を見つける

3-1.主題書誌

3-2.ウェブサイト

4.関係記事が載りやすい媒体

4-1.当館刊行物・研究紀要

4-2.年次報告書・各種統計

4-3.その他

  • Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
    (https://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh)
    キーワード検索で「国立国会図書館」を入力して検索すると、関連団体(制度上は直接関連のない団体も含む)が検索できます。それらの団体名から「著者名検索」もしくは「件名検索」すると関連文献が見つかることがあります。例えば『国立国会図書館野球部三十年史』(国立国会図書館野球部 1978)には当館史に関係する記述が見つかります。ただし、典拠データからたどれない団体が一部あり、その場合は上記の主題書誌からたどります。

5.FAQ(よくある質問)

〈「真理が我らを自由にする」(国立国会図書館法前文の文言)〉
〈納本制度〉
〈支部図書館制度〉
〈蔵書印〉
〈資料群の来歴・請求記号の成り立ち〉
  • 国立国会図書館百科編集委員会 編『国立国会図書館百科』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(出版ニュース社 1989 【UL214-E6】)
    「NDL請求記号一覧」(pp.79-100)に記述があります。
〈建築〉

6.衆議院・貴族院図書館(前史1)

当館の前身には、文部省設置の帝国図書館(前史2)のほかに、衆議院図書館、貴族院(参議院)図書館があります。
蔵書のほとんどは当館に引き継がれています。

6-1.館史

6-2.その他

7.帝国図書館(前史2)

1872年に文部省が書籍館(しょじゃくかん)を設置してから当館設立までの間、日本の国立図書館は改称、移管、移転など数回の変遷をたどりました(詳細は当館ホームページ「国立国会図書館小史」参照)。その間の名称については、便宜的に「帝国図書館」もしくは「旧帝国図書館」と総称することがあります。1885年に湯島から上野へ移転してからは、「上野図書館」もしくは「上野の図書館」とも呼ばれていました。
蔵書のほとんどは当館に引き継がれています。

7-1.館史

7-2.その他

7-3.帝国図書館文書

帝国図書館の平面図や年報草稿、閲覧統計、寄贈・購入書目など、当時の図書館で作成されたさまざまな記録が含まれています。
国立国会図書館デジタルコレクション国立国会図書館デジタルコレクションへのリンクで利用できます。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)