「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学図書館情報学>国立国会図書館の蔵書印と受入登録印

国立国会図書館の蔵書印と受入登録印

国立国会図書館(以下、当館と呼びます)の蔵書に見られる蔵書印および受入登録印などの補助印について、おおむね古いものから順に紹介します。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

目次

1.蔵書印
 1-1.帝国図書館
 1-2.衆議院・貴族院図書館
 1-3.国立国会図書館
2.受入登録印など補助印について
 2-1.印文について
 2-2.その他の補助印
 2-3.おもな印影

1.蔵書印

当館は、帝国図書館(国立図書館)と衆議院・貴族院図書館(議会図書館)の2つの系統の源流をもち(詳細は当館ホームページ > 国立国会図書館について > 設立の目的と沿革 > 国立国会図書館小史参照)、それら前身となった諸機関の蔵書を引き継いでいます。引き継がれた資料には、受入れ当時の蔵書印が押捺されており、それらの印影(印の跡)を通して、個々の資料の来歴をたどることができます。

1-1.帝国図書館

〈書籍館(しょじゃくかん):1872(明治5)年~1874(明治7)年〉

1-1-01.png

「書籍館印」とあります。

〈東京書籍館(とうきょうしょじゃくかん):1875(明治8)年~1877(明治10)年〉

1-1-02.png

「東京書籍館/明治五年/文部省創立」とあります。

〈東京府書籍館:1877(明治10)年~1880(明治13)年〉

以下の2種類の蔵書印の使い分け方については不明です。

1-1-03.png

「東京府書籍館蔵書印」とあります。

1-1-04.png

「紀元二千五百/東京府書籍館/三十有七年」とあります。

〈東京図書館:1880(明治13)年~1897(明治30)年〉

1-1-05.png  1-1-06.png

(左):「東京図書館蔵書之印」とあります。1882(明治15)年ごろまで使用していました。
(右):「東京図書館蔵」とあります。1882(明治15)年ごろから使用していました。

〈帝国図書館:1897(明治30)年~1947(昭和22)年〉

1-1-07.png  1-1-08.png

(左右とも):「帝国図書館蔵」とあります。一般図書に使用していました。図書の大小により使い分けていたようです。

1-1-09.png

「帝国図書館」とあります。おもに巻子本(かんすぼん)(巻物)に使用していました。

〈国立図書館:1947(昭和22)年~1949(昭和24)年〉

1-1-10.png

「国立図書館蔵」とあります。


1-2.衆議院・貴族院図書館

〈衆議院図書館:1890(明治23)年~1948(昭和23)年〉

1-2-01.png

「衆議院図書印」とあります。

〈貴族院:1890(明治23)年~1947(昭和22)年〉

1-2-02.png

「貴族院図書印」とあります。

〈参議院:1947(昭和22)年~1948(昭和23)年〉

参議院では蔵書印を使用せず、受入登録印(丸印)を使用していたようです。

1-2-03.png

「参議院/図書係」とあります。


1-3.国立国会図書館

いずれも印文は「国立国会図書館蔵書」です。

〈1948(昭和23)年~1963(昭和38)年〉

1-3-01.png

〈1963(昭和38)年4月~1994(平成6)年3月〉

蔵書印と受入登録印を統合し、事務の簡素化を図りました。

1-3-02.jpg


〈1994(平成6)年4月~2002(平成14)年12月〉

バーコードによる登録番号表示を導入し、蔵書印を印刷した紙片を貼付する方式に変更しました。

1-3-03.png

〈2003(平成15)年1月~〉

システム変更に伴い、意匠を変更しました。 資料の登録種別と和洋の別、1点ごとの個体識別用バーコードも併記しています。

1-3-04.png


2.受入登録印など補助印について

戦前の図書館では、蔵書印とは別に、接受日の日付などがある受入登録印(受入印)や、盗難除けの「隠し印」や小口印(罫下(けした)などに押される館名印)など、各種の補助印を押捺していました。 戦後から1994(平成6)年3月までは、登録番号(受入番号あるいはアクセッション・ナンバーとも)のナンバリングも押捺していました。 雑誌や新聞などは、各巻、各月単位での製本後に受入登録をしていました。受入登録印は製本単位で押捺しています。

受入登録印について説明する文献は現在のところ見当たりません。ここでは、当館の蔵書に見られるおもな印影を紹介します。

2-1.印文について

受入登録印の印文は、受入れ種別を表しています。「内交」のように、交付元の省庁名である内務省の頭字に交付の「交」を組み合わせた縮約形や、「購求」(購入)、「寄贈」などの印文が見られます。

交付元は内務省に限らず、文部省など各省から交付を受けていたことが、印文からだけでなく『帝国図書館年報』の統計欄からもわかります。

2-2.その他の補助印

補助印として、「発行所寄贈本」(緑色)、「帝国図書館消印」(緑色)、「受入変更」(緑色)などが見られますが、運用実態の詳細は不明です。

2-3.おもな印影

〈縦に細長い印:1875,1876(明治8,9)年ごろ~〉

2-3-01.png

「明治八年文部省交付」とあります。

「教育博物館印」の蔵書印の右に見られるのが受入登録印です。 「明治十一年十一月廿二日購求」とあります。 左上の手書き数字は旧請求記号、右上の「9S-3」は再製本時に記されたもののようです。

2-3-03.png

「明治十八年十一月十六日内務省贈付」とあります。

〈二重丸印:1887(明治20)年ごろ~〉

2-3-04.png

「図/明治二〇・七・一九・内交」とあります。

〈横長の楕円印:1904(明治37)年ごろ~〉

2-3-05.png

「明治/37 1 27/内交」とあります。 1905(明治38)年以降も二重丸印は見られ、大正時代には印文の「明治」が「大正」に替わります。

〈二重丸印:1927(昭和2)年ごろ~〉

2-3-06.png

「帝図/昭和二・三・一一・内交」とあります。 1936(昭和11)年ごろから印文の「内交」が「納本」に替わります。内務省交付とほぼ同じ意味のようです。

2-3-07.png

「国立図書館/昭 23.2.2 和/購入」とあります。

〈国立国会図書館時代〉

2-3-08.png

受入登録印(青色の丸印)の下に登録番号(青色)が見られます。 左上の手書き記号は「中書き」と呼ばれる請求記号の書入れです。

参考文献など

関連する調べ方案内

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究