トップ調べ方案内政治・法律・行政日本の政治>請願の調べ方

請願の調べ方

目次

1. 国会への請願とは
2. 国会への請願を所蔵資料で調べる
3. 国会への請願をインターネット情報で調べる
4. 帝国議会への請願を所蔵資料で調べる
5. 請願制度についての主な参考文献

【 】内は、当館請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2020年2月21日です。

1.国会への請願とは

"国会への請願"とは、衆議院または参議院に対して、損害の救済、公務員の罷免、法律等の制定、廃止または改正その他の事項について、意見や要望等を提出する行為です。 国会法および各議院の議院規則によって、提出、審査、議決の手続き、議決後の処置等が定められており、請願者の国籍、年齢に関する制限はありません。

請願にあたっては、意見や要望事項を簡潔に記載した請願書を作成し、紹介者となる議員を通じて、衆議院または参議院へ提出します。
請願が議院に受理されると、「衆議院請願文書表」または「参議院請願文書表」に掲載されるとともに、委員会に付託され、審査を経て、採択の是非が議決されます。 委員会の審査結果は「委員会請願審査報告書(衆議院)」または「審査報告書(参議院)」で議院に報告されます。
各議院の本会議で請願が採択されると、そのうち内閣での措置が適当と認められた請願については内閣に送られます。
内閣はそれぞれの請願を関係省へ送付し、その後の処理について「衆議院請願処理経過」または「参議院請願処理経過」で議院に報告しなければなりません。

2.国会への請願を所蔵資料で調べる

国会への請願についての当館所蔵資料は以下のとおりで、それぞれ会期ごとに製本されています。議会官庁資料室でお尋ねください。
なお国会の会期が短期間の場合、請願を受けておらず、一会期分が欠番になっていることがあります。また、請願書の原本は所蔵していません。

2-1. 衆議院

  • 衆議院請願・陳情国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【BZ-4-09】
    所蔵会期:第1回国会+
    内容:
    • 「請願文書表目次」
      一会期に受理した請願を取りまとめたものです。付託された委員会別に、件名、文書表番号、付託日、委員会決定日とその結果を掲載し、71回からは本会議議決日とその結果も掲載しています。
    • 「請願文書表」
      衆議院議長が作成し、会期中数回に分けて発行される文書です。付託された委員会別に件名、受理年月日、請願者の住所・氏名(ただし、複数名の場合は、代表者のみ)、署名人数、紹介議員名、請願の要旨を掲載しています。
    • 「委員会請願審査報告書」
      委員会で請願の審査終了後、委員長から議院に対して提出される文書です。採択・不採択の別、採択すべき請願については内閣送付の要否を掲載しています。 採択された請願の審査報告書は、国会会議録検索システムから見ることができます。詳しくは3-3. 国会会議録検索システムをご覧ください。
  • 衆議院請願処理経過国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【BZ-4-011】
    所蔵会期:第1回国会+
    内容:本会議で採択された請願のうち内閣に送付されたものについて、関係省での処理経過を衆議院に報告したものです(年2回程度)。 請願が内閣に送付されなかった会期は欠番となります。

2-2. 参議院

  • 参議院請願・陳情国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【BZ-4-010】
    所蔵会期:第1-198回国会
    内容:
    • 「請願経過表」
      一会期に受理した請願を取りまとめたものです。付託された委員会別に、受理番号、件名、請願者数、付託日、委員会決定日とその結果、本会議議決日とその結果を掲載しています。
    • 「請願文書表」
      参議院議長が作成し、毎週1回発行される文書です。付託された委員会別に件名、受理年月日、紹介議員名、請願の趣旨を掲載しています。請願ごとにほぼ同じ内容を、国会会議録検索システムから見ることができます。詳しくは3-3. 国会会議録検索システムをご覧ください。
    • 「審査報告書」
      委員会で審査終了後、委員長から議長に対して提出される文書です。採択・不採択の別、採択すべき請願については内閣送付の要否を掲載しています。また採択すべき請願について、意見書案が提出されることがあります。採択された請願の審査報告書は、国会会議録検索システムから見ることができます。詳しくは3-3. 国会会議録検索システムをご覧ください。

3.国会への請願をインターネット情報で調べる

3-1. 衆議院ホームページ

衆議院ホームページで請願の手続外部サイトへのリンク、第143回国会以降の請願の一覧外部サイトへのリンク、 第192回以降の内閣送付分について請願処理経過外部サイトへのリンクを見ることができます。

3-2. 参議院ホームページ

参議院ホームページの請願の提出外部サイトへのリンクページに、請願の手続きについての案内があります。
またライブラリー外部サイトへのリンク請願の項では、第153回国会以降の請願情報を見ることができます。内閣に送付された請願については、該当請願の一覧>内閣処理経過>第〇回国会 請願の内閣処理経過でその請願の処理経過を見ることができます。

3-3. 国会会議録検索システム

国会会議録検索システムを使って、以下の記録を見ることができます。

*国会の回次が不明の場合は回次のところにカーソルを合わせると回次とその期間が表示されます。

  • 衆議院「委員会請願審査報告書」
    採択された請願の審査報告書は、衆議院本会議録の追録・附録、および付託された委員会の会議録の附録に、「請願に関する報告 書」の件名で掲載されています。なお、採択されなかった請願は掲載されません。

    詳細検索で衆議院を選択し、「追録・附録のみ」にチェックします。国会回次委員会も分かれば選択します。

  192回(平成28(2016)年)以降の場合、さらに検索語欄に「請願に関する報告書」と入力すると効率的に検索できます。検索   結果から「該当箇所を展開」を選択して確認してください。こうした検索ができるのは、現在192回以降ですが、順次過去にさかのぼって検索ができるように準備中です。

  • 参議院「請願文書表」

   文書表とほぼ同じ内容が請願ごとに、付託された委員会の会議録の末尾に掲載されています。
  「〇月〇日本委員会に左の案件が付託された。......第〇号 〇〇年〇月〇日受理(請願件名)(請願の趣旨等)」といった形式      で、付託日後の会議録か、その会期中の最終の会議録に掲載されています。

  詳細検索で参議院、国会回次を選択し、委員会もわかれば選択します。ご覧になりたい委員会会議録のPDF全ページを開き、会議録の後方の「〇時〇分散会」以降をご確認ください。

192回(平成28(2016)年)以降の場合、さらに検索語欄に「請願 付託された」と入力すると効率的に検索できます(「請願」だけだと漏れがでます)。検索結果から「該当箇所を展開」を選択して確認してください。

  • 参議院「審査報告書」
    採択された請願の審査報告書は、「審査報告書(〇〇委員会請願審査報告第〇号)」の件名で、参議院本会議録最終号の末尾(1-90回(昭和22(1947年)‐昭和54(1979)年)は本会議録の追録)に掲載されています。参議院の審査報告書には、請願の趣旨は記載されません。なお、採択されなかった請願については会議録に掲載されません。

    詳細検索で参議院を選択し、会議名は本会議、分かれば国会回次を選択します。ご覧になりたい会議録PDF全ページを開き、会議録の後方の「〇時〇分散会」以降をご確認ください。

  1-90回(昭和22(1947年)‐昭和54(1979)年)の場合、さらに「追録・附録のみ」にチェックを入れると効率的に検索できます。192回(平成28(2016)年)以降の場合、参議院、本会議を指定し、検索語欄に「請願審査報告」と入力し検索後に「該当箇所を展開」を選ぶことで効率的に検索できます。

  • 参議院「請願処理経過」

  内閣に送付された請願の処理経過は、参議院の追録に掲載されています。「請願処理経過」は内閣から年に2回報告されるものなので、毎回次の追録に掲載されるとは限りません。先に索引を検索して、追録の掲載ページを確認すると効率的です。

詳細検索で参議院を選択し、「目次・索引のみ」にチェックを入れ、分かれば国会回次委員会を入力して検索します。ご覧になりたい会議録のPDF全ページを開き、(せ)欄に請願の処理経過という件名があれば、その号で掲載状況の確認ができます。該当のページを確認すると、請願の処理経過欄の中に、「第〇回国会において採択し、内閣に送付した請願の処理経過」があります。それが追録の何ページにあたるかを確認してください。
追録本文を見るには参議院、国会回次を選択し、「追録・附録のみ」にチェックを入れて会議名を入力して検索してください。

192回(平成28(2016)年)以降の場合、さらに検索語欄に「請願処理経過」と入力すると効率的に検索できます。検索結果から「該当箇所を展開」を選択して確認してください。

4.帝国議会への請願を所蔵資料で調べる

帝国議会への請願の方法は、議院法および貴族院・衆議院各院の議院規則に規定されていました。
現在の請願と異なる点として、皇室典範や帝国憲法の変更に関する事項、裁判に関する事項の請願は認められないこと、審査は請願委員会が行うことなどが挙げられます。
当時の請願に関する当館所蔵資料は以下のとおりで、それぞれ会期ごとに製本されています。議会官庁資料室でお尋ねください。なお、請願書の原本は所蔵していません。

4-1. 貴族院

  • 帝国議会貴族院請願国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【BZ-4-T08】
    所蔵会期:第1, 2, 5,6,8-10, 14, 30, 40-43, 47-52, 55, 56, 58, 59, 62-67, 69-71, 73-76, 79,81, 84, 86, 89-92回
    内容:
    • 「請願文書表」
      請願委員会が毎週1回調製した文書です。件名、請願者の住所・氏名(ただし、複数名の場合は、代表者のみ)、提出年月日、署名人数、紹介議員名、審査の年月日を掲載しています。
    • 「請願委員会特別報告第○号」と題された貴族院議長宛て文書
      政府に送付すべきと判断された請願の件名、日付、請願委員長名、貴族院議長名が記された文書本体と、別紙の「意見書案」で構成されています。

4-2. 衆議院

  • 帝国議会衆議院請願国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【BZ-4-T09】
    所蔵会期:第1, 3-6, 8, 13-16, 20, 22-28, 30, 31, 35-37, 39-47, 49-77, 79, 81-82, 84-86, 89-92回
    内容:
    • 「請願文書表」
      請願委員会が毎週1回調製した文書です。件名、請願者の住所・氏名(ただし、複数名の場合は、代表者のみ)・職業、提出年月日、署名人数、紹介議員名、審査の年月日、趣旨を掲載しています。
    • 「請願委員特別報告第○号(第31回以降は「特別報告第○号」)」と題された衆議院議長宛て文書
      政府に送付すべきと判断された請願の件名、日付、請願委員長名、衆議院議長名が記された文書本体と、別紙の「意見書案(13回の途中以降は「意見書」)」で構成されています。

5.請願制度についての主な参考文献

 

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究