トップ調べ方案内芸術・言語・文学>戦前の日本の音楽家を調べるには

戦前の日本の音楽家を調べるには

戦前の日本の音楽家を調べるための参考資料をご紹介します。各資料の解題に掲載人数が記載してあるものは、特に断りのない限り、戦後の音楽家の人数を含みます。

【 】内は当館請求記号です。所蔵状況については、国立国会図書館オンラインでご確認ください。

 

本ページでご紹介していない資料についても、国立国会図書館オンライン国立国会図書館デジタルコレクションで検索できます。調べたい音楽家名などをキーワード欄に入力して検索することで、タイトルや著者名などに当該音楽家名などを含む資料を検索できます。

 

目次

1. 音楽事典等

2. 人名事典

3. 年鑑・一般書等

4. 文献目録・索引

 

 1. 音楽事典等

  • 平凡社 編『音楽事典』(平凡社 1959-1960 【760.33-O6812-H】)

    作曲家、演奏家、指揮者などの生没年月日、生没地、経歴などが掲載されています。第5巻に、「人名索引」があります。

  • 『音楽大事典』(平凡社 1981-1983 【KD2-101】)

    作曲家、演奏家、指揮者などの生没年月日、生没地、経歴などが掲載されています。第6巻に、「和文索引」および「欧文索引」があります。

  • 『日本音楽大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(平凡社 1989 【KD2-E16】)

    587~776頁の「人名編」の項に、作曲家、演奏家、研究者などの生没年、経歴などが掲載されています。巻末に「総索引」があります。

  • 『邦楽百科辞典 : 雅楽から民謡まで』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽之友社 1984 【KD2-128】)

    作曲家、演奏家、研究者などの生没年、経歴などが掲載されています。

  • 『雅楽事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽之友社 1989 【KD2-E14】)

    241~279頁の「人名・家系名」の項に、演奏家などの生没年、経歴などが掲載されています。

  • 安斎竹夫 著『浪曲事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本情報センター 1975 【KD836-2】)

    137~152頁の「人物小伝」の項に、戦前に活躍した人物を中心とする浪曲師約100人の略歴が掲載されています。

  • 上笙一郎 編『日本童謡事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 2005 【KG2-J1】)

    作曲家48人、作詞家53人の生没年、経歴、作品名、著作、参考文献などが掲載されています。巻頭に「分類項目一覧」(「わらべ唄」「唱歌」「人名」などの項目別索引)があります。

2. 人名事典

  • 日外アソシエーツ株式会社 編集『人物レファレンス事典 音楽篇』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2013 【GB12-L3】)

    邦楽、クラシック、ポピュラー音楽の分野における、古代から現代までの日本の音楽家12,312人の、生没年、別名、活動時期、職業、肩書、業績、当該人物が掲載されている事典名などが掲載されています。

  • 『新音楽辞典 人名』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽之友社 1982 【KD2-62】)

    邦楽、洋楽の双方にわたる音楽関係者の生没年、生没地、経歴、主要作品名などが掲載されています。日本人の収録人数は約400人です。

  • 日外アソシエーツ株式会社 編『音楽家人名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(新訂第3版 日外アソシエーツ 2001 【KD2-G58】)

    作曲家、演奏家、指揮者、研究者など4,323人の、職業、肩書、専攻分野、生没年月日、出生地、本名、旧姓名、学歴、資格、業績、受賞歴、経歴、師弟関係、所属団体などが掲載されています。巻頭に「専門分野別人名目次」、巻末に「人名索引」があります。

  • 倉田喜弘 監修・解説, 林淑姫 編集・解題『昭和前期音楽家総覧 : 現代音楽大観』(ゆまに書房 2008 【KD151-J5~J7】)

    1927年刊行の『現代音楽大観』を復刻し、1929年刊行の同書「増補版」の増補部分を付載した資料です。邦楽、洋楽の演奏家、実演家などの芸名、雅号、生年月日、出生地、師匠名、経歴、主要作品名、所属団体、流派などが掲載されています。下巻の巻末に「掲載人物五十音順総索引」があります。

  • 日外アソシエーツ株式会社 編『ポピュラー音楽人名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 1994 【KD2-E48】)

    ポピュラー音楽の作曲家、演奏家、歌手、評論家など4,153人の職業、肩書、専門分野、生没年月日、出生地、本名、旧姓名、別名、学歴、受賞歴、経歴、所属団体などが掲載されています。巻頭に「人名目次」があります。

  • 中河原理 監修, フェニックス企画 編『クラシック作曲家辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂 1992 【KD2-H24】)

    クラシック音楽の作曲家約360人(うち日本人は約50人)の経歴が掲載されています。

  • 細川周平, 片山杜秀 監修, 日外アソシエーツ株式会社 編『日本の作曲家 : 近現代音楽人名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2008 【KD2-J14】)

    幅広い分野の作曲家、編曲家1,247人の、職業、肩書、生没年月日、出生地、本名、旧姓名、別名、グループ名、師匠名、学歴、所属団体、受賞歴、経歴、参考文献などが掲載されています。巻末に「生年順人名一覧」「人名索引」「グループ名索引」「事項名索引」があります。

  • 『演奏家大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽鑑賞教育振興会 1982 【KD2-117】)

    19世紀前半から1960年代生まれの20世紀に活躍した演奏家10,840人(うち日本人は1,120人)の、生没年月日、生没年、経歴などが掲載されています。

  • 日外アソシエーツ株式会社 編集『日本の演奏家 : クラシック音楽の1400人』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2012 【KD9-J43】)

    声楽・鍵盤楽器・弦楽器・管楽器・打楽器・指揮の各部門で活躍する日本の音楽家1,401人(うち1,267人は刊行時点での存命者、134人は明治以降に活躍した故人)の、職業、肩書、生没年月日、出生地、本名、旧姓名、別名、ユニット名、学歴、師匠名、受賞歴、所属団体、経歴などが掲載されています。巻末に、声楽・鍵盤楽器などのジャンルごとに分かれた「部門別索引」があります。

  • 日外アソシエーツ編集部 編『新撰芸能人物事典 : 明治~平成』(日外アソシエーツ 2010 【KD9-J20】)国立国会図書館の所蔵情報へのリンク

    明治から平成期に活躍した役者、芸人、歌手、タレント、演奏家などのうち、2010年9月時点での故人約5,400人の、職業、肩書、専門分野、生没年月日、出生地、本名、旧姓名、別名、屋号、学歴、経歴、所属団体、叙勲、受賞歴、参考文献などが掲載されています。巻末に「別名・グループ名索引」があります。

  • 倉田喜弘, 藤波隆之 編『日本芸能人名事典』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(三省堂 1995 【KD2-E59】)

    古典芸能から現代のタレントまで、舞台芸能、唱歌・童謡、音楽教育、舞台美術などに携わった芸能関係者(作曲家、演奏家などを含む)約7,500人の、生没年、出身地、経歴などが掲載されています。

  • 森本敏克 編著『SPレコードのアーティスト』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(六甲出版 1997 【KD9-H10】)

    SPレコード期に活躍した、歌謡曲・童謡・唱歌などの分野の作曲家、作詞家、歌手の生没年月日、出生地、学歴、叙勲、本名、旧姓名、デビュー盤、代表作品名などが掲載されています。

  • 『琉球音楽人物事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(山川出版 1983 【KD9-23】)

    明治から昭和20年代生まれの演奏家などの、肩書、経歴、受賞歴などが掲載されています。巻頭に「琉球音楽人物事典総目次」(五十音順の人名索引)があります。

3. 年鑑・一般書等

  • 『近代日本音楽年鑑』(大空社 1997 【KD151-G2】)

    戦前に刊行された『音楽年鑑』を復刻した資料です。原資料は、【94-592】【395-31】【629-23】【特231-973】【特239-67】などで、その刊行年の範囲は、1908年、1921~1942年です。資料の内容は年代によって異なりますが、音楽関係人名簿、音楽関係団体名簿などが掲載されており、音楽関係者の経歴などを調べることができます。

  • 『音楽年鑑』(音楽之友社 年刊 【760.59-O681-O】【KD2-16】【Z42-33】)

    戦後に音楽之友社から刊行された資料です。刊行年の範囲は1948~2005年です。戦前に刊行された『音楽年鑑』と同様に、音楽関係者の経歴などを調べることができます。

  • 音楽之友社 編『日本の音楽人名鑑』(音楽之友社 1984 【KD9-24】)

    『音楽年鑑』を刊行する過程で蓄積された情報を基に編集された名鑑です。「作曲・指揮編」「管楽器・打楽器編」「弦楽器編」「ピアノ編」「声楽編」の全5巻からなります。計約4,000人が収録されており、専門分野、勤務先、関係団体、主宰団体、生年月日、最終学歴、コンクール入賞歴、著書、作曲名、叙勲、褒賞、師事した教師名などが掲載されています。

  • レコード世界社 編『レコード音楽技芸家銘鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(昭和15年版 レコード世界社 昭和15 【特233-192】)(国立国会図書館デジタルコレクション

    刊行時点で存命だった作曲家、演奏家その他の音楽関係者約2,500人の略歴が掲載されています。

  • 国立音楽大学附属図書館・現音ドキュメンツ作成グループ 編『ドキュメンタリー新興作曲家連盟戦前の作曲家たち : 1930~1940』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(国立音楽大学附属図書館 [1999] Bibliography and index series 【KD191-G48】)

    360~380頁の「6 作曲家連盟員、関係外国人の略歴」の項に、生没年月日、入会日、会員種別、出身地、略歴、受賞歴、所属団体などが掲載されています。別冊に「人名索引」および「事項名索引」があります。

  • 富樫康 著『日本の作曲家』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽之友社 1956 【762.1-To373n】)

    35~350頁の「現代日本作曲家群像」の項に、純音楽的立場を取る作曲家63人が収録されており、経歴、作曲傾向の解説、作品表が掲載されています。また、351~367頁の「日本作曲家一覧」の項に、作曲家の生没年月日、出生地、学歴、師弟関係、作品名、著書、受賞歴などが掲載されています。

  • 『日本の作曲20世紀』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(音楽之友社 1999 Ontomo mook 【KD191-G53】)

    119~271頁の「第Ⅱ部 日本を代表する作曲家77人」の項に、作曲家77人の生没年月日、出没地、経歴、作品表などが掲載されています。また、293~306頁の「第Ⅳ部 作曲家名鑑」の項に、作曲家73人の生没年月日、生没地、経歴などが掲載されています。巻末に「索引」があります。

  • 東京芸術大学百年史編集委員会 編『東京芸術大学百年史』(音楽之友社ほか)

    「東京音楽学校篇」(【FB22-E37】【FB22-H367】) 「演奏会篇」(【FB22-E37】)「音楽学部篇」(【FB22-H541】)で、東京芸術大学(前身 東京音楽学校)に関係する音楽家について調べることができます。「東京音楽学校篇」「音楽学部篇」には別冊に、「演奏会篇」には各巻巻末に、人名索引があります。

  • 日本近代洋楽史研究会 編著『明治期日本人と音楽 : 日本近代音楽館「新聞記事にみる日本の洋楽」プロジェクトの調査に基づく』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(国立音楽大学附属図書館 1995 【KD191-E70】)

    第1巻「東京日日新聞音楽関係記事集成」に、東京日日新聞に1872年4月から1912年7月の間に掲載された音楽関係記事約2200点が厳選収録されています。第2巻「東京日日新聞全音楽記事内容」に、「注解」および「人名索引」が収録されています。

 4. 文献目録・索引

  • 音楽文献目録委員会 編 『音楽文献目録』(音楽文献目録委員会 【KD1-11】ほか)

    1967年以降に国内で公にされた音楽関係書籍・論文の網羅的な目録です(1973~1992までのタイトルは『音楽文献要旨目録』(RILM国内委員会))。1巻(1973)~20巻(1992)の巻末の索引を統括・再編集した『音楽文献目録索引 1-20(1973-1992)』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (【KD1-H17】)があります。

  • 日外アソシエーツ株式会社 編『音楽家研究文献目録 : クラシック・民族音楽』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2009 【KD1-J11】)

    内外の作曲家、演奏家、評論家など2,452人に関する伝記、日記、評論、作品リストなど関連文献21,915件が収録されています。収録対象は、1980年1月から2009年6月の間に国内で刊行された日本語の図書・雑誌・紀要類です。

関連情報

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究

アイコンについて

  • ic_ref.png
    アイコン又は「«⇒NDLの所蔵»」リンクから国立国会図書館オンライン(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)の当該資料の書誌詳細画面へ飛ぶことができます。
  • ic_link.png
    アイコンはリンク先が外部のサイトであることを表しています。

カテゴリが「芸術・言語・文学」の他の記事