トップ調べ方案内調べ方一般デジタル画像素材集>よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 江戸期の医学

よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 江戸期の医学

目次

1.解体新書
2.臧志

【 】内は当館請求記号です。

「よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集」全体の説明は、よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 使い方ガイドをご覧ください。

1.解体新書

※下段は左から第1冊(序・図)表紙、杉田玄白による序文、第2冊本文冒頭

言わずと知れた「解体新書」です。序文・図版を収めた1冊と本文4冊の全5冊で構成されています。翻訳の底本にしたのは、ドイツの解剖学者キュルムス(1689-1745)の手による「解剖学図表」の第3版(1732年刊)をオランダ語訳したものです。記述はいずれも漢文表記で、よく知られた絵は、序文・図版を収めた第1冊にあります。

2.臧志

  • 山脇尚徳『臧志』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(宝暦9(1759)年序 【W415-11】)(掲載画像のみ)

※左上から右に表紙、見返し、剥胸腹図、九臧前面図/九臧背面図、背骨側面図

※5点の高画質の画像データ:『臧志』[ZIP:56.6MB]

著者の山脇尚徳(1705-1762)は、山脇東洋の名前でも知られる江戸中期の医者です。本書は、宝暦4(1754)年に著者によって行われた日本初の医学的解剖の記録です。ここでは、表紙、見返し、図版の部分をご覧いただけます。

関連文献

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)

アイコンについて