トップ調べ方案内調べ方一般録音・映像資料>戦前のレコード会社販売目録-「ビクター」-

戦前のレコード会社販売目録-「ビクター」-

音楽・映像資料室では、各レコード会社が刊行した販売目録を所蔵しています。
本項では、日本ビクターのレコード会社販売目録について、戦前期を中心に会社の歴史や関連資料と併せて紹介します。

目次

1.日本ビクターについて
2.レコードレーベル
3.国立国会図書館所蔵のレコード会社販売目録リスト
4.参考文献
 4-1. 社史関係資料
 4-2. レコード目録関係資料
 4-3. その他の参考資料

 

1.日本ビクターについて

日本ビクター蓄音器(株)は昭和2(1927)年に米国ビクター・トーキングマシンカンパニーの全額出資により日本法人として設立され、蓄音器、レコードなどの製造を行っていました。
昭和13(1938)年に日本資本のみの会社となり、 昭和18(1943)年には戦争の影響により日本音響(株)に社名変更しましたが、 昭和20(1945)年12月に日本ビクター(株)に改称します。
創立当初から続く、犬が蓄音器に耳を傾けるロゴマークは現在のビクターエンタテインメントでも用いられています。

 

2.レコードレーベル

戦前期のレコードのレーベルは、内容や価格帯によって多種あり、時期による変遷もあります。ここでは主なものを紹介します。
<メインレーベル>

  • VICTOR
    邦楽・洋楽を含み、この中には、高級レーベルとして知られた「赤盤」や、標準的な価格帯の「黒盤」もありました。

<大衆盤のレーベル>

  • ビクタージュニア
  • ビクター大衆盤
  • 浪花節大衆盤
  • STAR

<児童向けのレーベル>

  • 児童レコード
  • ビクター童謡レコード

このほか、「ビクター長時間レコード」(1932(昭和7)年発売、33 1/3回転で録音された)、「国民学校芸能科音楽」などのレーベルもありました。
これらは概ね戦前期のビクター月報/総目録に収録されています。

 

3. 国立国会図書館所蔵のレコード会社販売目録リスト

※販売目録は名称から総目録や月報などに大別できます。
総目録や月報についての解説は「レコード会社販売目録」をご参照ください。

 

4. 参考文献

【 】内は当館請求記号です。 

4-1. 社史関係資料

4-2. レコード目録関係資料

[SP盤目録]

[文句集]
文句集(文句カード集、歌詞集)とはレコードの詞章(歌詞・言葉などレコードの内容)を活字化したものです。演目・演者・レコード番号等を確認することができます。

[レコード解説集]

<予約頒布形式のレコード解説集>
以下はSP盤クラシック全集のレコード解説集。当該レコードは予約会員を対象に頒布していたため原則としてレコード目録、新譜案内に掲載されていません。

4-3. その他の参考資料

この記事で紹介したインターネットの最終アクセス日は2021年3月19日です。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)