トップ調べ方案内調べ方一般録音・映像資料>戦前のレコード会社販売目録-「コロムビア」-

戦前のレコード会社販売目録-「コロムビア」-

音楽・映像資料室では、各レコード会社が刊行した販売目録を所蔵しています。
本項では、日本コロムビアのレコード会社販売目録について、戦前期を中心に会社の歴史や関連資料と併せて紹介します。

目次

1.日本蓄音器商会(日本コロムビア)について
2.レコードレーベルについて
3.国立国会図書館所蔵のレコード会社販売目録リスト
4.参考文献
 4-1. 社史関係資料
 4-2. レコード目録関係資料
 4-3. その他の参考資料

 

1.日本蓄音器商会(日本コロムビア)について

(社史概要)

明治43(1910)年 (株)日本蓄音器商会(以下「日蓄」)創立

明治45(1912)年  日米蓄音機製造(株)(明治40年設立の国内最初のレコード会社)を吸収合併

昭和  2(1927)年  英国コロムビアと資本提携しコロムビアレコードの発売を開始

昭和  3(1928)年  日蓄の傍系として日本コロムビア蓄音器(株)を設立

昭和17(1942)年  戦争の影響により商号を日蓄工業(株)に変更

昭和21(1946)年  日本コロムビア(株)に社名変更

平成14(2002)年  コロムビアミュージックエンタテインメント(株)に社名変更

平成22(2010)年  日本コロムビア(株)に改称

 

2.レコードレーベルについて

大正4(1915)年に日米蓄音機製造(株)時代からの「シンホニー」、「ローヤル」、「グローブ」、「アメリカン」、「ユニバーサル」の5種のレーベルを廃止し、「ニッポノホン(ワシ印)」に統一します。昭和2(1927)年から「コロムビア」レーベルの発売を開始、それに対応して、ニッポノホンは昭和5(1930)年から呼称が「イーグル」となります(ただし、レーベル面上の商標はNIPPONOPHONE(ニッポノホン))。また、昭和7(1932)年に廉価盤レーベルの「リーガル(コロムビア大衆盤)」を新設、昭和11(1936)年に洋楽レーベルの「ラッキー」を発売します。

<その他の傍系レーベル>

  • 「ラクダ印オリエント」(大正8年東洋蓄音器合資会社の買収による)
  • 「ヒコーキ」(合同蓄音器←帝国蓄音器)(*)
  • 「ライオン」(合同蓄音器)←「象印・ライオン印スタークトン」(三光堂)(*)
  • 「富士山(フジサン)」(合同蓄音器)←「富士山印東京レコード」(東京蓄音器)(*)

(*)日蓄は大正10~12年に傘下に収めた3社(帝国蓄音器、三光堂、東京蓄音器)を大正14年に合併して合同蓄音器としました。なお、時期によって「ヒコーキ印」等レーベル名に印が付きます。

※その他、パーロホンを吸収(昭和9年)したのちコロムビア、リーガルのレーベルでその一部を再発売します。

 

3. 国立国会図書館所蔵のレコード会社販売目録リスト

ここでは、日蓄の戦前の主レーベルの販売目録を中心に紹介します。

※販売目録は名称から総目録や月報などに大別できます。
総目録や月報についての解説は「レコード会社販売目録」をご参照ください。

 

4. 参考文献

【 】内は当館請求記号です。ウェブページの最終アクセスは2021年3月25日です。 

4-1. 社史関係資料

4-2. レコード目録関係資料

[文句集]
文句集(文句カード集、歌詞集)とはレコードの詞章(歌詞・言葉などレコードの内容)を活字化したものです。演目・演者・レコード番号等を確認することができます。

[レコード解説集]

  • 日本民謠全集国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(日蓄工業  1943【YM2-M1186】)
    ※馬小唄、山中節、江差追分、安来節等民謡レコードの歌詞、解説を収録。解説は作詞家の高橋掬太郎。

<教育用レコードの解説集>
教育啓蒙活動の一環として作成されたレコード解説集。

<予約頒布形式のレコード解説集>
コロムビア洋楽鑑賞協会(Columbia Society of Music Connoisseurs;1936年7月発足)が編集していたSP盤レコードアルバムの解説集。当該レコードは予約会員を対象に頒布していたため原則としてレコード目録、新譜案内に掲載されていません。

[歌謡曲関連]

  • 「昭和の流行歌 資料編」(LPレコード 『SP時代 昭和の流行歌国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』【YMA-247-20-1 ; YMA-247-23-1】の付属資料)
    ※「コロムビア・レコード流行歌年表」で昭和3~37年までのSP盤流行歌を網羅しています。タイトル・発売番号・作詞家・作曲家・歌手(演者)、発売年月の記載があります。
    (LPレコードの付属資料のため、ご利用には閲覧許可申請書が必要です。)

[外地録音]

  • 『日本コロムビア外地録音ディスコグラフィー : 人間文化研究機構連携研究文化資源の高度活用』
    【YM2-J2】上海編国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
    【YM2-J3】朝鮮編国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
    【YM2-J4】台湾編国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
    ※戦前、日蓄が外地向けに制作発売したレコードのディスコグラフィーです。

[外地録音関係]

  • 劉麟玉「レコードが語る声の歴史 共同研究●音盤を通してみる声の近代―台湾・上海・日本で発売されたレコードの比較研究を中心に」(『民博通信』 No.136【Z8-1448】)
    ※国立民族学博物館 『民博通信』 No. 136
    https://www.minpaku.ac.jp/research/activity/publication/periodical/tsushin/136外部サイトへのリンク)に公開されています。
  • 劉麟玉「日本コロムビアの歴史と共に歩んだ植民地台湾のレコード産業 共同研究●音盤を通してみる声の近代―台湾・上海・日本で発売されたレコードの比較研究を中心に」(『民博通信』 No. 140)
    ※国立民族学博物館 『民博通信』 No. 140
    https://www.minpaku.ac.jp/research/activity/publication/periodical/tsushin/140外部サイトへのリンク)に公開されています。

[文部省推薦認定レコード目録]
文部省が推薦、認定したレコードを整理集録したものです。日蓄のレコードも対象となっていました。童謡、唱歌、洋楽等のジャンル別に分類され、題目、演奏者、レコード番号、目的別(娯楽的等)、レコード会社名が明記されています。

4-3. その他の参考資料

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)