トップ調べ方案内調べ方一般人物情報日本の人物情報>日本の系図(系譜)集

日本の系図(系譜)集

図書として出版され、東京本館人文総合情報室で開架されている資料を中心に、主要な系図(系譜)集とその内容を紹介します。

【 】内は当館請求記号です。各専門室などで開架されている資料には請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 関西:関西館総合閲覧室

目次総合的な系図集皇室・公家・華族武家(大名・幕臣)文化、武芸、学問などの系統図
系図(系譜)を調べる際に参考になる文献

 

各資料の収録下限年代―主な収録対象

  主な収録対象
皇室 公家・華族 武家 宗教 文化・芸能等
収録下限年代 古代   7      
室町時代   1 1    
江戸時代   3,4,8

3, 4(地方豪族を含む)

12,13(大名・旗本)

15(大名),17(廃絶家)

18(一万石以下の幕臣) 

3, 4  
幕末・明治初頭 2 2,5,9,10

2, 5,

14(徳川諸家)

16(大名)

2  
明治時代以降 36), 4,5,7,11,19 11, 19   5 (20),7, 19 5(20), 19

 

総合的な系図集

 

  • 1.[洞院公定] [撰]『尊卑分脉』
    (『国史大系』第58~60巻、別巻2(吉川弘文館 1957-1964 【210.08-Ko548-K】人文
    ※新装版は、『國史大系 : 新訂増補』第58~60巻、別巻2(吉川弘文館 2001 【GB43-G300】関西)
    [内容]室町時代まで。諸氏の個々人の事績を記載。
    [索引]法名、称号、謚号、道号
    [備考]「尊」は帝王系図、「卑」は諸氏系図を意味しますが、帝王系図は6.『本朝皇胤紹運録』として独立してまとめられました。遺漏分は3. 『群書系図部集』第2巻に収録されている「尊卑分脉脱漏」を参照してください。
  • 2.『系図纂要』33冊(名著出版 1990-1999 【GB12-E36ほか】人文、関西)
    ※影印版(1973-1977 名著出版 【GB12-7】)もあり。
    [内容]安政4(1857)年までの皇室、公家、武家、釈家(仏門)など60姓777家。子女の名前も収載。
    [索引]別冊1~3:姓氏、没年一覧、名諱、法号・称号
    [備考]1.『尊卑分脈』、『諸家系図纂』(3.『群書系図部集』4.『系図綜覧』に収録)ほかの系図類を再構成したものです。
  • 3.塙保己一編纂 ; 太田藤四郎 補『群書系図部集』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク 7冊(続群書類従完成会 1985 【GB43-289】人文、関西)
    [内容]天皇、公家、武家などの諸氏系図約400点。中世以降に興起した地方の豪族の系図も含む。
    [索引]なし
    [備考]『群書類従』5輯:系譜部と『続群書類従』5輯上~7輯下:系譜部に収録されている系図をまとめたもの。元禄5(1692)年成立の『諸家系図纂』の大部分のほか、諸家伝来の系図を広く収録。
  • 4.国書刊行会 編『系図綜覧』 2冊(ピタカ 1977 【GB43-135国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】人文、関西)
    (名著刊行会 1964 【288.2-Ko548k-(s2)国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】関西(国立国会図書館デジタルコレクション:図書館送信)) ※いずれも1915年刊の複製。
    [内容]大正天皇までの皇室、江戸時代初期までの諸国の公家、武家、社家など
    [索引]なし
    [備考]『諸家系図纂』のうち3.『群書系図部集』に収録されなかった系図やその他の諸系図を収録。
  • 5.今井尭 [ほか]編『日本史総覧』(新人物往来社 1983-1986 【GB8-122】人文、関西)
    [内容]下記の各巻に系図を収録。
    1国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:皇室
    3国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:仏教宗派、浄土真宗、武家
    4国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:琉球王統
    5国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:徳川将軍、大名、豪商、能楽・狂言諸流派、歌舞伎俳優、俳諧・連歌、歌道、香道、花道、茶道、囲碁、将棋、神道、国学、心学、洋学、工芸・美術
    補巻1国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:親王、公家、儒学、武術
    [索引]なし

 

皇室・公家・華族

  • 6.洞院満季 撰『本朝皇胤紹運録』  (3.『群書系図部集』第1巻に収録)
    [内容]神代から昭和天皇までの皇室
    [索引]なし
  • [備考]1.『尊卑分脈』の一環として作成されたものを基にしています。『群書類従』に収録する際に増補を行い、昭和4 (1929) 年までの状況がわかります。
  • 7.近藤敏喬 編『古代豪族系図集覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 1993 【GB43-E247】人文、関西)
    [内容]皇室、主要社家は近現代まで。公家(豪族)は主として古代の氏族に限定。
    [索引]氏姓、家名、名字、社家名
  • 8.正宗敦夫 編纂・校訂『諸家伝』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク2冊(自治日報社 1968 【GB43-9】人文、関西)
    (国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定)
    [内容]古代から江戸時代初期までの堂上諸家(五位以上の昇殿資格のある貴族)189家の代々の嫡系について、各人の生没、叙任、仕官などを記載した家別の歴代譜。 ※系図ではない。
    [索引]家名、二字名
  • 9.三上景文 著 ; 正宗敦夫 編・校訂『地下家伝』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク3冊(自治日報社 1968 ※『日本古典全集』第6期本 1937-38の複製 【GB43-1】人文、関西)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定)
    [内容]古代から嘉永5(1852)年までの蔵人を除く六位以下の官人、および昇殿資格のない四位・五位の官人などの下級貴族の系譜。生没、叙任、仕官などを記載した家別の歴代譜(系図ではない)。
    [索引]名前、氏姓
    [備考]下記のデータベースで検索が可能です。

    古典学統合データベース(芳賀人名・地下家伝)外部サイトへのリンク
    (国文学研究資料館)
    (http://base1.nijl.ac.jp/infolib/meta_pub/G0035938ZigeHaga)
  • 10.近藤敏喬『宮廷公家系図集覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 1994 【GB43-E288】人文、関西)
    [内容]堂上家のほか、昇殿資格のない四位・五位の官人などの下級貴族も含む。
    [索引]氏姓、家名、名字
    [備考]1.『尊卑分脈』2.『系図纂要』8.『諸家伝』9.『地下家伝』に基づく系図です。
  • 11.霞会館華族家系大成編輯委員会 編『平成新修旧華族家系大成』上・下(霞会館 1996 【GB43-G33】 人文)
    [内容]1994年6月末現在。明治17(1884)年7月制定の華族令以来の旧華族(1,011家)および皇族、旧皇族、旧王公族。上限は寛政10(1798)年の当主。
    [索引]なし

 

武家(大名・幕臣)

  • 12.太田資宗 [ほか編] ; 斎木一馬 [ほか]校訂『寛永諸家系図伝』17冊(続群書類従完成会 1980-1997 【GB43-146】人文、関西)
    [内容]寛永20(1643)年完成。大名・旗本諸家約1,400家を収録。清和源氏、平氏、藤原氏、諸氏の4部および医者、同朋、茶道の項からなる。
    [索引]索引1~2:家名、諱、称呼(幼名、通称など)、官職、国名、女子名姻戚、家紋
    [備考]江戸幕府が編纂した最初の系図集。13.『寛政重修諸家譜』の予備版に当たります。
  • 13.堀田正敦 等編『寛政重修諸家譜』26冊(続群書類従完成会 1964-1967 【288.21-Ka479-H】人文、関西)
    (国立国会図書館デジタルコレクション:図書館送信)
    [内容]戦国時代から寛政10(1798)年頃までの諸大名、幕臣(旗本・御目見以上の下士、医者など)約2,100家。
    [索引]索引1~4:家名、諱、称呼(幼名、通称など)、官職、国名
    [備考]12.『寛永諸家系図伝』に続く幕府編纂の系図集。徳川氏を除く大名・幕臣約10万名を収録。各家の由緒、事績、家紋のほか、個々人の事績も含みます。
  • 14.斎木一馬 [ほか]校訂『徳川諸家系譜』4冊(続群書類従完成会 1970-1984 【GB43-12】人文、関西)
    [内容]徳川将軍家、御三家、御三卿など徳川氏本支流の系図集。『柳営婦女伝系』(将軍の正室、側室などの女性の系図を収録)を含む。
    [索引]家名、諱、称呼(称号、通称、院号、官職名)
  • 15.新井白石『新編藩翰譜』5冊(新人物往来社 1977 【GB43-91】関西)
    [内容]慶長5(1600)年から天明6(1786)年までの万石以上の大名家337家の記録と系図集。
    [索引]なし
    [備考]『藩翰譜』(慶長5(1600)年~延宝8(1680)年)と『続藩翰譜』(延宝8(1680)年~天明6(1786)年)を合本、再編集したものです。
  • 16.新田完三 編『内閣文庫蔵諸侯年表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 1984 【GB12-58】人文、関西)
    [内容]13.『寛政重修諸家譜』などを基とする明治4(1871)年まで存続した大名家の系譜。各大名家ごとに各人の領所、石高、没年、官位叙任などを記載。 ※系図ではない。
    [索引]人名(家名ごとの五十音順)
    [備考]排列は廃藩置県時の領所の五十音順
  • 17.[田畑吉正 著] ; 斎木一馬, 岩沢愿彦 校訂『断家譜』3冊(続群書類従完成会 1995  【GB43-G24】人文、関西)
    ※田畑喜右ヱ門 撰 ; 斎木一馬, 岩沢愿彦 校訂『断家譜』3冊(続群書類従完成会 1968-1969 【GB43-2】人文 関西)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内公開 12のみ)もあり。
    [内容]文化6(1809)年成立。慶長(1596~1615)から文化年間までの約200年間に廃絶した大名、御目見以上の約800家。
    [索引]家名、諱、称呼(称号、通称、院号、官職名)
  • 18. [堀田正敦] [ほか著] ; 林亮勝, 坂本正仁 校訂『干城録』15冊(人間舎 1997-2003 【GK13-G243ほか】)
    [内容]徳川氏創業から慶安4(1651)年までの一万石以下の幕臣2,700名余の伝記。 ※系図ではない
    [索引]なし ※日本人名情報索引(人文分野)データベースで検索可。
    [備考]13.『寛政重修諸家譜』よりも詳しい部分が多く、出典が明示されています。

 

文化、武芸、学問などの系統図

 

  • 19.日置昌一『日本系譜総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(名著刊行会 1973 【GB12-6】人文、関西) ※1936年刊(改造社 【288.2-H464n】国立国会図書館デジタルコレクション)の複製。
    [内容]皇室、諸家の系譜のほか、宗教、学問、文化、武芸、芸能分野の諸流派系図を収録。
    [索引]なし
  • 20.『日本史総覧』(上掲5.
    [内容]下記の各巻に系図を収録。
    3国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:仏教宗派、浄土真宗
    5国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:豪商、能楽・狂言諸流派、歌舞伎俳優、俳諧・連歌、歌道、香道、花道、茶道、囲碁、将棋、神道、国学、心学、洋学、工芸・美術
    補巻1国立国会図書館の所蔵情報へのリンク:儒学、武術
    [索引]なし

 

系図(系譜)を調べる際に参考になる文献

 

  • 21.近藤安太郎『系図研究の基礎知識』第4巻(総括)国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(近藤出版社 1990 【GB43-E61】人文、関西)
    上記の主要系図集の解説や家系の調査方法が収録されています。
  • 22.丸山浩一 編『系図文献資料総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(増補改訂 緑蔭書房  1992 【GB1-E34】人文、関西)
    系図などの基本史料や文献の紹介、都道府県別・所蔵機関別の系図文献の目録、家名ごとの参考文献を収録しています。

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡