トップ調べ方案内科学技術・医学医学・薬学・心理学薬学>一般用医薬品(市販薬)について調べる

一般用医薬品(市販薬)について調べる

一般用医薬品(市販薬、OTC薬)について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルからお調べください。

目次

1. 参考図書
2. インターネット情報源

 

1. 参考図書

  • 『JAPIC一般用医薬品集』 (日本医薬情報センター編 薬業時報社 年刊)
    日本医薬情報センター(Japan Pharmaceutical Information Center:JAPIC)が入手した資料(添付文書など)を基に、国内に流通している一般用医薬品・要指導医薬品約1万1000品目の医薬品名(商品名・欧文名・局方名など一般名)、販売区分、会社名、リスク区分(例:第1類医薬品)、組成、添加物、適応、用法、包装・価格などを掲載しています。巻頭には五十音順索引、会社別製品索引があります。巻末に「配置販売品目基準」、「ブランド名別成分比較表」などがあります。
  • 『日本医薬品集 = DRUGS IN JAPAN. 一般薬』 (日本医薬品集フォーラム監修 じほう 年刊)
    要指導・一般用医薬品および指定医薬部外品約1万1000品目の製品名、会社名、リスク区分(例:第1類医薬品)、規制等(例:劇薬)、剤型・成分(剤型、成分、添加物、色)、効能・効果、用法・用量、包装等(包装単位、小売価格)、使用上の注意などを掲載しています。巻頭に五十音索引、要指導・第一類医薬品一覧、指定第二類医薬品一覧があります。付属のCD-ROMには、「製造販売承認基準・使用上の注意」、「要指導・一般用医薬品関連政省令・告示」などを収録しています。
  • 『OTC医薬品事典』 (日本OTC医薬品情報研究会編 じほう 隔年刊)
    OTC医薬品約2,500品目、指定医薬部外品約150品目の製品名、会社名、特長、リスク区分(例:第1類医薬品)、成分名・剤形・含量、添加物、効能、用法・用量、製品特有の注意、製剤(色調、形状など)、包装・価格、その他(販売会社名など)を掲載しています。巻頭に、症状別索引、製品名五十音順索引、会社名別索引、成分索引(有効成分のみ)があります。そのほか、巻頭に「知っておきたいクスリの知識」と「製品紹介」(製品約200品目のカラー写真)が、巻末に「一般用医薬品の区分リスト」などの付録があります。
  • 『薬の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (宮崎利夫,朝長文彌 朝倉書店 2001.5 【SD2-G68】) (目次)
    「総論」と「各論」からなります。「総論」では、「薬」についての基本的な情報を記述しています。例えば「薬の見分け方」(pp.282-286)では、薬の識別コードである「会社マーク(コード)・製品番号(記号)・規格」を会社マークの図・製品の写真などを使用して解説し、薬を見分けるための情報を掲載しています。「各論」では、治療薬を各疾患別に分類し、「医薬品一般名(有効成分名)」を項目名(見出し語)に、作用・適応・副作用・対応する商品名(製品名)などを解説しています。巻末に索引、欧文索引、一般名および商品名から検索できる薬品索引があります。
  • 『JAPIC日本医薬品名事典: 医療薬・一般薬』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本医薬情報センター 2007.11 【SD2-H116】)
    2007年7月1日時点で医療現場で用いられている約1万7800品目の医療用医薬品と国内で流通している約1万1300品目の一般用医薬品について、製品名、製造(輸入)販売会社/発売会社名、薬価、薬価収載日、一般名、薬効分類などを掲載しています。

 

2. インターネット情報源

  • iyakuSearch(医薬品情報データベース)外部サイトへのリンク (日本医薬情報センター)
    日本医薬情報センター(JAPIC)が提供する国内外の医薬品情報に関するデータベースです。一般用医薬品約約1万1000品目について医薬品添付文書を検索できます。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究