トップ調べ方案内科学技術・医学自然科学気象・環境>水(水環境、水道水質基準・技術)について調べる

水(水環境、水道水質基準・技術)について調べる

水(水環境、水道水質基準・技術)について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPACでタイトルを入力して検索してください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. 水環境
 1-1. 全般
 1-2. 海洋
 1-3. 河川・湖沼
2. 水道水質基準・技術

 

1. 水環境

1-1. 全般

  • 『理科年表 = Chronological scientific tables』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善出版 年刊 【Z43-469】)
    暦部、天文部、地学部、環境部などの部門から構成されています。「地学部」では、世界・日本のおもな河川・湖沼、おもな海洋、世界のおもな海溝などの一覧や海洋の深さの面積比などを掲載しています。「環境部」では、地球の水量の分布、地球の水の循環量、陸地から海洋への年間流入量などを掲載しています。
  • 『理科年表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(机上版 丸善 年刊 【Z43-470】)
    前掲の『理科年表 = Chronological scientific tables』と同一の内容で、大きな活字の資料です。
  • 『水の総合辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善 2009.1 【PA2-J23】)
    水全般に関する用語(学術用語、季語、ことわざなど)を50音順に排列し、解説した資料です。付録として、「平成の名水百選」、「ミネラルウォーター類の分類」などを掲載しています。巻末には、和文・英文索引があります。
  • 『陸水の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(講談社 2006.3 【ME2-H26】)
    陸水に関する用語約5,000語を50音順に排列し、解説した資料です。付録として、「日本の湖」、「日本のダム湖」、「日本の河川」、「外国の湖(ダム湖を含む)」、「外国の河川」の一覧を掲載しています。巻末には、欧文索引があります。
  • 『公共用水域水質測定結果』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(環境省水・大気環境局 年刊 【Z16-2720】)
    全国の河川、湖沼、海域における環境基準の達成状況、水質測定結果などをまとめた資料です。付表として、都道府県別にまとめた、河川のBOD(生物化学的酸素要求量)の水域ごとのデータ一覧、湖沼・海域のCOD(化学的酸素要求量)の水域ごとのデータ一覧などを掲載しています。環境省のホームページ内の「公共用水域 | 水質測定結果」外部サイトへのリンクのページにて、全文が公開されています。
  • 『水環境ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(朝倉書店 2006.10 【NA2-H71】) (目次)
    水に関する場所や空間、水処理技術、分析法などを解説した資料です。有害化学物質の毒性や人の健康に影響を及ぼす健康関連微生物などについてもまとめています。巻末には、「水環境関連年表」(1740年頃から2004年まで掲載)(pp.692-694)などの付録と索引があります。
  • "Encyclopedic dictionary of hydrogeology"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(First edition Academic Press 2009【ME2-B37】)
    水文地質学に関連する用語を図やグラフとともに解説した資料です。2,000語以上の用語をアルファベット順に排列し、掲載しています。Appendixとして、有機化合物などの物性データをまとめた「Appendix B : Tables of Properties of Water」なども掲載しています。
  • 水環境総合情報サイト外部サイトへのリンク(環境省)(https://water-pub.env.go.jp/water-pub/mizu-site/)
    公共用水域水質測定データなどの水質調査データや全国水生生物調査の結果などを公開しているサイトです。「平成の名水百選」や「快水浴場百選」などの情報も公開しています。
  • 水文水質データベース外部サイトへのリンク(国土交通省)(http://www1.river.go.jp/)
    国土交通省水管理・国土保全局が所管する観測所における水文水質にかかわる観測データを公開しているデータベースです。都道府県、水系、地図上などから観測所を検索し、雨量、水位、流量、水質などの観測データを調べられます。

1-2. 海洋

  • 『海洋の健康診断表 : 総合診断表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(第2版 気象庁 2013.10 【ME151-L3】)
    地球環境問題の視点から海洋の現象についてまとめた資料です。海洋の状況や変動の原因、今後の見通し、地球環境との関連性などを掲載しています。
    気象庁のホームページ内の「総合診断表 第2版」外部サイトへのリンクのページにて、全文が公開されています。冊子体刊行後の訂正や更新なども掲載しています。
  • 『水浴場 (開設前) 水質調査結果. 平成27年度』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(環境省水・大気環境局 2015.7 【NA217-L927】)
    全国の海水浴場、湖沼・河川の水浴場における油膜の有無、透明度などの調査結果を掲載しています。「各都道府県水浴場位置図」では、前年度における全国の水浴場の利用者数を掲載しています。
    環境省のホームページ内の「水浴場の水質調査結果」外部サイトへのリンクのページにて、全文が公開されています。
  • 気象庁外部サイトへのリンク(http://www.jma.go.jp/jma/index.html)
    「分野別にさがす「海洋」」外部サイトへのリンクのページに、海洋に関する情報をまとめています。
    「海洋の健康診断表」外部サイトへのリンクでは、海洋について最近の状況や今後の見通し、観測・解析データなどを提供しています。波浪、海氷、海流などの項目や日本近海などの海域から調べられます。
  • 水産研究・教育機構外部サイトへのリンク(http://www.fra.affrc.go.jp/)
    「データベース等」外部サイトへのリンクのページにて、海洋に関する各種データベースを利用できます。リアルタイムの海洋情報、日本近海の過去の海況や今後の海況予測などのデータを提供しています。
  • National Oceanographic Data Center外部サイトへのリンク(https://www.nodc.noaa.gov/)
    米国海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)が運営するデータセンターであり、世界の海洋データなどを提供しています。
    「World Ocean Atlas 2013 Figures, version 2」外部サイトへのリンクでは、世界全体の海洋における水温、塩分濃度などの解析図を調べられます。
    「Regional Climatologies」外部サイトへのリンクでは、北極海や東アジアといった海域別の水温、塩分濃度などの解析図を調べられます。

1-3. 河川・湖沼

  • 『川の百科事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善 2009.1 【ME2-J9】)
    総論と各論から構成されています。総論では、川の利用、災害、河川生態系などを解説しています。各論では、河川関連の用語を50音順に排列し、解説しています。付録として、日本・世界の河川関連のおもな人名の一覧表などを掲載しています。巻末には、和文・英和索引があります。
  • 『全世界の河川事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善出版 2013.7 【ME2-L3】) (目次)
    前掲書『川の百科事典』の姉妹編として刊行された資料です。日本国内の約3,000の河川・湖沼、全世界の約1,000の河川・湖沼の長さ、流域面積、特徴、水害の記録などを掲載しています。日本については都道府県別に、世界については地域別(アジア、ヨーロッパなど)にまとめて排列しています。また、河川・湖沼の位置を示した河川地図も掲載しています。付録として、明治以降の河川関連事項をまとめた年表、日本・世界のおもな湖沼・ダムをまとめた表などがあります。巻末には、日本の河川・湖沼、世界の河川・湖沼(和文・欧文)の索引があります。
  • 『日本河川水質年鑑』(日本河川協会 年刊)
    全国の一級河川で実施した水質調査結果の観測データを収録した資料です。各水系、各河川別に水質や流量などのデータを掲載しています。水質の経年変化のデータや地方別の水質状況なども掲載しています。
    出版者ホームページ外部サイトへのリンクにて、2008年版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【YH247-1179】の目次外部サイトへのリンクを閲覧できます。
  • 『流量年表』(日本河川協会 年刊(2012年版を以て休刊))
    全国の一級河川の主要地点における流量の観測データを収録した資料です。各河川について、日ごと、月ごとの流量データを表・グラフ形式でまとめています。
  • "Encyclopedia of lakes and reservoirs"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Springer [2012] 【ME2-B33】)
    湖沼や貯水池に関する約200件の事柄をアルファベット順に排列し、解説した資料です。湖沼の環境、生態系、各地域の湖沼の特徴などを解説しています。巻末には、Author index、Subject indexがあります。
  • 河川環境データベース外部サイトへのリンク(国土交通省)(http://mizukoku.nilim.go.jp/ksnkankyo/)
    全国の河川および直轄ダム・水資源機構管轄ダムにおける河川水辺の生物の生息環境などの調査結果を公開しているデータベースです。
    「空間利用実態調査」外部サイトへのリンクのページでは、「河川水辺の国勢調査」として実施された河川やダム湖の利用実態調査の結果を公開しています。
  • World Lake Database外部サイトへのリンク(国際湖沼環境委員会)(http://wldb.ilec.or.jp/)
    世界の湖沼を検索できるデータベースです。湖沼名や国名などから検索でき、湖沼の表面積や平均水深などを調べられます。

2. 水道水質基準・技術

  • 『水質汚濁物質排出量総合調査調査結果報告書』 (環境省水・大気環境局水環境課 年刊)
    1日当たりの平均的な排水量が50m3以上である工場・事業場または有害物質使用特定事業場を対象に、1日当たりの用水量、有害物質の排水濃度などを調査した資料です。産業分類別、都道府県別などに分けて調査結果を掲載しています。
    この資料は、環境省のホームページ内の「水質汚濁物質排出量総合調査」外部サイトへのリンクのページにて、全文が公開されています。
  • 『実用流量表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(改訂増補 山海堂 1979.8 【M2-136】)
    管路の管径や勾配の相違による流量と流速値をクッター公式、マニング公式、ヘーゼン・ウィリアムズ公式を用いて算出し、数表としてまとめた資料です。水深と流速または流量の関係を示した水理特性曲線のグラフも掲載しています。
  • "Groundwater chemicals desk reference"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(4th ed. CRC Press c2007 【ME345-B23】)
    地下水や土壌環境中から検出される化学物質について物性データなどを収録した資料です。化学物質ごとに融点、沸点、水拡散率、環境運命、毒性などを掲載しています。巻末には、CAS番号、実験式、類義語、分解生成物や不純物名から対応する化学物質名をひける索引があります。
  • 厚生労働省外部サイトへのリンク(http://www.mhlw.go.jp/)
    「水道対策」外部サイトへのリンクのページでは、水道事業に関連する施策や取組などを紹介しています。
    「水道水質情報」外部サイトへのリンクのページでは、水道水質基準の項目や水質検査の方法などについて掲載しています。
  • 水道水質データベース外部サイトへのリンク(日本水道協会)(http://www.jwwa.or.jp/mizu/)
    全国の水道事業者等が実施した水道水の水質検査結果の概要を公開しているデータベースです。全国の各浄水場における水道の原水、浄水などの検査値、検査状況を集計し、公開しています。

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡