トップ調べ方案内科学技術・医学自然科学化学>無機化合物について調べる

無機化合物について調べる

無機化合物について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。

目次

1. 参考図書
2. 抄録集・データベース
3. 国立国会図書館オンラインで検索するには
4. インターネット情報源

 

1. 参考図書

  • 『元素大百科事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (朝倉書店 2007.11 【PA2-J4】)
    元素について、網羅的に解説した事典です。元素の発見史、採取・生産法、埋蔵量、抽出・製造法、用途と主な化合物・合金、生化学と環境問題に関するデータなどの解説があります。巻末に事項索引と人名索引があります。
  • 『無機化合物・錯体辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (講談社 1997.6 【PA2-G23】)
    無機化合物、金属錯体等について物質ごとに解説した辞典です。約1万件の項目が掲載されています。物質名、合成法、構造(結晶構造・大きさなど)、性質(融点、沸点、可溶性、色、安定性など)のほか、主要な化合物については歴史や用途などが掲載されています。巻末に化学式索引と英文索引があります。
  • "Encyclopedia of inorganic chemistry"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (2nd ed. Wiley c2005 【PA2-B23】)
    化学者以外の読者も対象にした全10巻の事典です。無機化学の重要項目のほか、無機化学の観点からさまざまな分野について取り上げた約300の記事が掲載されています。第10巻に総目次と索引があります。
  • "Comprehensive inorganic chemistry II : from elements to applications"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Elsevier [2013] 【PA212-B3】)
    無機化合物について網羅的に解説した全9巻の資料です。典型元素、生物無機化学、半導体・材料無機化学、触媒などを取り上げて解説しています。第9巻の巻末に総索引があります。
  • "Dictionary of inorganic compounds"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (1st ed. Chapman & Hall 1992- 【PA2-A100】)
    無機化合物の基本的な性質やデータを掲載した全9巻の事典です。物質名、分子式、合成経路、物性データ、危険性データ、参考文献などについての記述があります。
    第1-3巻が本編で、第4巻、第5巻が第1-3巻までの索引(名称、CAS番号、構造型別(同型内では名称順)、分子式)です。第6-9巻は新たな化合物を収載し、各巻末に索引(名称、CAS番号、分子式)があります。
  • "The chemistry of the actinide and transactinide elements"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Fourth edition Springer [2010] 【PA225-B95】)
    ウランやプルトニウムなどのアクチノイドと超アクチノイド元素について、化学的性質や反応速度、各種取扱い技術や実験法、危険性評価法などを掲載した全6巻のハンドブックです。各章末に参考文献が、各巻末に全巻分の件名索引があり、著者名索引が第6巻の巻末にあります。

2. 抄録集・データベース

  • "Chemical Abstracts"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Chemical Abstracts Service 1907-2009 【Z53-A495】)
  • Chemical Abstracts Web Edition (当館契約データベース:館内限定)
    米国化学会(American Chemical Society: ACS)の下部組織であるChemical Abstracts Service(CAS)が発行する、化学関係の代表的な抄録・索引データベースです。収録対象範囲は広義の化学・化学工学分野で、無機化学・物理学などの関連分野も含んでいます。著者、キーワード、特許番号、化学物質、分子式の索引があります。
    データベースである「Chemical Abstracts Web Edition」では1997年以降刊行分を検索できます。
    「Chemical Abstracts Web Edition」を使用する場合は、東京本館科学技術経済・情報室、関西館総合閲覧室の特定の端末をご利用ください。
  • SpringerMaterials (当館契約データベース:館内限定)
    物質名、元素、CAS番号、構造式などから、物性データや状態図などを検索できます。
  • Reaxys (当館契約データベース:館内限定)
    物質名、CAS番号、構造式などから、合成方法、物性データ、安全性、利用方法などを検索できます。

3. 国立国会図書館オンラインで検索するには

ここに紹介する以外の資料は、国立国会図書館オンラインで検索できます。タイトルや編者・出版者名に含まれるキーワードから探してください。
科学技術振興機構が提供するJ-GLOBAL外部サイトへのリンクにて別名や同義語を調べ、キーワードを広げることも有用です。

国立国会図書館オンラインの検索結果を所蔵場所「科学技術・経済情報室」で絞り込むと、科学技術・経済情報室で開架している参考図書類を検索できます。

ここでは、国立国会図書館分類表(NDLC)による分類や国立国会図書館件名標目表(NDLSH)による件名から検索する代表的な方法を紹介します。

  • 分類
    下記のような分類記号に、キーワードとして「無機化合物」、「無機合成」、「無機分析」などを掛け合わせて検索します。
     化学・化学工業(辞典・便覧類) PA2
     無機化学一般 PA212
     無機化学工業一般 PA214
     実験・合成 PA222
     単体・無機化合物 PA225
  • 件名
    「無機化合物」、「無機化学」、「無機合成」、「無機分析」、「無機工業薬品」などが普通件名として挙げられます。

    また、Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)の分類記号検索において「NDLC」を選択し、「PA222」や「PA225」などで検索すると、無機化合物に関連するそのほかの普通件名を探すことができます。

 

4. インターネット情報源

 

関連する「調べ方案内」

  • 化学
    化学に関する調べ方案内の一覧、役に立つレファレンス事例を紹介しています。
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究