トップ調べ方案内科学技術・医学自然科学化学>有機金属化合物について調べる

有機金属化合物について調べる

有機金属化合物について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版や巻号によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルからお調べください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. 参考図書・データ集
2. 合成法を調べる参考図書
3. 抄録集

 

1. 参考図書・データ集

  • 『無機化合物・錯体辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (中原勝儼著 講談社 1997.6 【PA2-G23】)
    無機化合物を中心に、物質ごとに解説した辞典で、約1万件の項目が収載されています。
    有機酸金属塩、有機金属化合物も収載しています。IUPAC(International Union of Pure and Applied Chemistry:国際純正応用化学連合)命名法をもとにした化合物命名法に準拠した化合物名を50音順に配列しています。一般的な名称、英語名、化学式、合成法、構造(結晶構造・大きさなど)、性質(融点、沸点、可溶性、色、安定性など)のほか、主要な化合物については歴史や用途などの記載もあります。表紙裏に元素周期表、原子量表が、巻末に、「無機化学命名法」、「配位子略号一覧」(略号、名称、構造式/分子式)、化学式索引、英文索引があります。
  • "Dictionary of organometallic compounds"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Chapman and Hall 2nd ed. 1995- 【PA2-A117】)
    元素の基本情報および有機金属化合物の基本的な性質(または性質が記載されている文献名)を掲載した全6巻の事典です。本文は化合物ごとに項目立てされています。化合物に含まれる金属元素のアルファベット順に章立てされ、章の中は、各化合物の、(1)分子式のCの数の小さい順→(2)Hの数の小さい順→(3)その他の原子のアルファベット順とその数の小さい順、の法則で配列されています。
    第1-4巻が本編で、第5巻が第1-4巻までの索引(合成試薬の分類(同一分類の中は化合物名称順)・分子式・CAS番号)となっており、第6巻には第4巻までに含まれない新たな化合物とその索引(分子式、CAS番号)が収載されています。
    第1巻の巻頭に、序として本書の使い方、参考文献、引用文献の略称などを記載しています。各章の始めに、その章の金属元素の元素記号、名称、外国語訳、原子番号、原子量、電子配置、酸化、配位数、色、有用性(主な化合物)、取扱い、毒性、同位体と存在比、スペクトル、分析、参考文献が収載されています。その後に、各化合物の分子式、整理番号、名称、CAS番号、構造、分子量、合成、色、用途、物性データ、危険性データ、参考文献を記載しています。
  • "Landolt-Bornstein" (6. Aufl. Springer 1950- 【530.83-L258z6】 【M5-2】)
  • "Landolt-Bornstein New Series"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Springer 1961- 【M5-B1】)
    化学・物理・工学などの研究雑誌の原著論文等を元に作成されたファクトデータ集です。「Group I Elementary Particles, Nuclei and Atoms / Nuclear Physics and Technology(核物理と素粒子物理)」「Group II Molecules and Radicals / Nuclear and Particle Physics / Atomic and Molecular Physics(原子物理と分子物理)」、「Group III Condensed Matter / Crystal and Solid State Physics(結晶物理と固体物理)」「Group IV Physical Chemistry(物理化学)」「Group V Geophysics(地球物理学)」「Group VI Astronomy and Astrophysics(天文学と宇宙物理学)」「Group VII Biophysics(生物物理学)」「Group VIII Advanced Materials and Technologies(新素材と新技術)」の8グループから構成されます。
    冊子体の資料による検索(「Substance Index」及び「Comprehensive Index」)のほか、ホームページ「Springer Materials」外部サイトへのリンク(Springer)(http://www.springermaterials.com/)及び「Landolt-Bornstein Substance / Property Index」外部サイトへのリンク(Universitat Hamburg)(http://lb.chemie.uni-hamburg.de/)で、キーワード、物質名等から、収載巻号、ページ数の検索が可能です。

 

2. 合成法を調べる参考図書

  • "Comprehensive organometallic chemistry"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Pergamon Press 1982 【PA325-212】)
  • "Comprehensive organometallic chemistry II"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Pergamon 1995 【PA325-A102】)
  • "Comprehensive organometallic chemistry III"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Elsevier 2007 【PA325-B26】)
    有機金属化合物(金属原子と炭素原子が結合した分子を含む)とその関連分野について、物質の合成法を中心に、収率、測定方法、構造、熱力学的データ、分光学的性質、毒性、反応性(置換、酸化、還元など)、触媒作用、結合様式、応用(医学、薬理学、織物、石油燃料、染料、洗剤、皮革、蜜ろう、化粧品、農業化学など)、用途などに関する情報をを収載しています。それぞれ、Iが全9巻(1982年まで。第9巻が項目・分子式・著者名・構造・レビュー論文の各索引)、IIが全14巻(1982-1994年。各巻末に著者名索引と項目索引があり、第13巻が構造索引、第14巻が分子式・項目の各索引)、IIIが全13巻(1993年以降。各巻末に項目索引があり、第13巻が項目総索引)となっています。
  • "Science of synthesis : Houben-Weyl methods of molecular transformations"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク ([5th ed.] Thieme 2000- 【PA322-B14】)
    物質の合成法(化学反応式、合成条件、合成手順、収率など)を解説した資料です。対象物質を分子構造が類似するもので6つに分類し、章立てしています。各章では、合成過程における特徴(例:アルケンの水素化反応における、水素の解離吸着モデル)を解説し、そのあとに各物質の合成法等を記述しています。
    有機金属化合物は、第1分類に収載されており、第1分類に対応したCumulative Index(分子式、キーワード(物質名)、著者索引)があります。対象物質を分子構造が類似するもので細分類し、巻にまとめています。総目次の巻があり、細分類の一覧と収載巻を掲載しており、細分類を調べて収載巻を特定することもできます。各巻は巻末にキーワード(物質名)、著者索引があります。2010年以降は補遺版が刊行されています。補遺版の巻末には、物質名称索引、分子式索引、反応分類別索引があります。
  • Reaxys外部サイトへのリンク (当館契約データベース:館内限定)
    "Gmelins Handbuch der anorganischen Chemie"(Springer-Verlag 【PA1-2】)および"Beilsteins Handbuch der organischen Chemie"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Springer-Verlag 【PA1-B2】)の記載内容等を収載した化学系データベースです。物質名、CAS番号、構造式などから、製造方法、物性データ、安全性、利用方法等を検索できます。例えば、塩化ジメチルスズ(IV)(SnCl2(CH3)2 :CAS番号=753-73-1)を検索した場合、検索結果として、「Available Data > Use/Application > Use」で、「Catalyst」(触媒)などがヒットします。

 

3. 抄録集

  • "Chemical Abstracts"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Chemical Abstracts Service 1907-2009 【Z53-A495】)
  • Chemical Abstracts Web Edition (当館契約データベース:館内限定)
    米国化学会(American Chemical Society:ACS)の下部組織であるChemical Abstracts Service(CAS)が発行する、化学関係の代表的な抄録誌・抄録データベースです。1907年創刊で、収録対象範囲は広義の化学・化学工学分野で、 物理学・生物学・農学・医学・薬学などの関連分野も含んでいます。Author Index(著者索引)、General Subject Index(キーワード索引)、Patent Index(特許番号索引)、Chemical Substance Index(化学物質索引)、Formula Index(分子式索引)があります。
    「Chemical Abstracts Web Edition」では1997年以降刊行分を検索できます。「Chemical Abstracts Web Edition」を使用する場合は、科学技術経済・情報室、関西館総合閲覧室の特定の端末をご利用ください。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡