トップ調べ方案内児童書絵本・児童書の探し方主題から探す>ちりめん本(縮緬本)

ちりめん本(縮緬本)

【 】内は当館請求記号。(ウェブサイトの最終アクセス日: 2021.2.15)

ちりめん本とは

明治中期から昭和初期にかけて出版された小型の和綴じ本で、細かく皺を寄せたちりめん状の和紙を使用していることから「ちりめん本」と呼ばれます。 挿絵入りで日本の昔話などを外国語に翻訳したもので、外国人向けのお土産として人気がありました。 なかでもよく知られているのは長谷川弘文社の日本昔噺シリーズです。長谷川弘文社はちりめん本を出していた出版社としてとくに有名で、出版数が多く、作りも大変丁寧でした。

検索方法

国立国会図書館オンライン

国立国会図書館の東京本館及び国際子ども図書館でちりめん本を所蔵しています。網羅的に検索する方法はありません。
タイトル(例;「Momotaro」あるいは「桃太郎」)やシリーズ名(例;「Japanese fairy tale series」)、出版者名(例;「Hasegawa」や「Kobunsha」)等を入力し、検索してください。
検索結果の書誌情報および所蔵詳細画面に、「デジタル化資料」と表示されているものは、国立国会図書館東京本館、関西館、国際子ども図書館の館内で、デジタル化した画像をご覧いただけます。また中には、公共図書館等やご自宅のパソコンから画像をご覧いただけるものもあります。
検索用語が不明な場合は、以下に挙げる所蔵リストや参考文献をご参照ください。

所蔵リスト

参考文献

関連サイト

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)