トップ調べ方案内歴史・地理歴史>正倉院文書を調べる

正倉院文書を調べる

正倉院文書の概要や調べ方について紹介します。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

目次

1. 正倉院文書を読む
1-1. 影印(写真版)
1-2. 翻刻(活字版)・全文データベース
1-3. 索引
2. 文書の接続、紙背文書の調べ方
3. 研究入門書
4. 図録

1. 正倉院文書を読む

正倉院文書とは、奈良時代に東大寺写経所で作成された文書群で、正倉院の宝庫で保管されてきたものです。今日伝わる奈良時代文書のほとんどを正倉院文書が占めています。

現在は宮内庁正倉院事務所で管理されており、原文書の閲覧はできませんが、下記に紹介する影印、翻刻などで本文を読むことができます。「正集」「続修」「続修後集」「続修別集」「塵芥文書」「続々修」の類別、または編年順(『大日本古文書』)で構成されています。

内容は、東大寺の写経・造寺・造仏事業に関する史料のほか、写経文書等の裏(紙背文書)に書かれた戸籍・計帳などを含む、日本古代史の基本史料です。

(参考)『日本歴史「古文書」総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(新人物往来社 1992 【GB39-E33】)pp.290-291「正倉院文書」

1-1. 影印(写真版)

  • 宮内庁正倉院事務所 編『正倉院古文書影印集成』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク1~17(八木書店 1988-2007 【YQ5-248・H40・H103】)
    類別構成です。「続々修」は未刊です(2018年8月現在)。『大日本古文書』に未収のものも含みます。
  • 『正倉院文書』([複製版] 高橋情報システム)※当館未所蔵
    宮内庁製作のマイクロフィルムの複製版です。上記『正倉院古文書影印集成』では未刊の「続々修」を含みます。
    所蔵館は、CiNii Books外部サイトへのリンク(国立情報学研究所)で、フリーワード欄に「正倉院文書 マイクロ」と入力して検索できます。

1-2. 翻刻(活字版)・全文データベース

  • 『大日本古文書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク第1~25(東京帝国大学 1901-1940 【GB22-4】)(国立国会図書館デジタルコレクション;第8~25)
    『大日本古文書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク編年之1~25(東京大学出版会 1982-1987 【GB22-36】)※上記の複製版
    事実上、正倉院文書の編年順の翻刻集といえるものです。ただし、全部は採録されていません。
  • 東京大学史料編纂所データベース外部サイトへのリンク(東京大学史料編纂所)
    (http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/)
    「データベース選択」画面>「全文の検索」>「奈良時代古文書フルテキストデータベース」を選択します。
    「項目検索」を選択すると、『大日本古文書』を全文検索でき、検索結果から該当ページを閲覧できます。

1-3. 索引

  • 東京大学史料編纂所データベース外部サイトへのリンク(東京大学史料編纂所)
    (http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/)
    「データベース選択」画面>「全文の検索」>「奈良時代古文書フルテキストデータベース」を選択します。
    「項目検索」を選択すると、本文中の語句や和暦年月日から検索できます。
  • 直木孝次郎 編『正倉院文書索引 : 官司・官職・地名・寺社編』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(平凡社 1981 【GB196-20】)
  • 関根真隆 編『正倉院文書事項索引』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(吉川弘文館 2001 【GB196-G17】)
    織物、食料、調度品などの物名から検索できます。
  • 竹内理三, 山田英雄, 平野邦雄 編『日本古代人名辞典』全7冊(吉川弘文館 1958-1977 【281.03-Ta573n】)
    人名から『大日本古文書』の掲載巻・ページを検索できます。

2. 文書の接続、紙背文書の調べ方

現在の正倉院文書は、江戸時代に成巻されたもので、当初の構成と異なります。下記に紹介するツールでは、当初それぞれの文書がどのように接続していたか、裏にどの文書があったか(紙背文書)について、調べることができます。

  • 『正倉院文書目録』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク1~(東京大学出版会 1987- 【GB196-36ほか】)
    文書名、断簡の切れ目、年次などを調べることができます(本文そのものは掲載されていません)。「大日本古文書対照目録」を付しています。類別順に継続刊行中です。
  • 東京大学史料編纂所データベース外部サイトへのリンク(東京大学史料編纂所)
    (http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/)
    「データベース選択」画面>「史料の所在」>「正倉院文書マルチ支援データベース」を選択します。
    文書の断簡単位による検索が可能です。「研究文献検索」の機能があります。

3. 研究入門書

4. 図録

  • 『正倉院文書拾遺』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(国立歴史民俗博物館 1992 【YP6-125】)
    正倉院の宝庫以外で所蔵されている正倉院文書75点の図版と解説を収録しています。
  • 『正倉院展目録』(奈良国立博物館 【K16-102】ほか)
    39回(1987年)以前の展覧会図録です。正倉院文書も出品されています。
  • 『正倉院展』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(奈良国立博物館 年刊 【Z42-434】)
    40回(1988年)以降の展覧会図録です。正倉院文書も出品されています。
  • 『正倉院展六十回のあゆみ』(奈良国立博物館 2008 【K131-J26国立国会図書館の所蔵情報へのリンクJ12国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】)
    1回(1946年)~60回(2008年)の展示品の索引として利用可能です。
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究