トップ調べ方案内芸術・言語・文学美術>マンガについて調べる

マンガについて調べる

ここではおもに日本のマンガ作品、マンガに関する文献を調べるためのツールをご紹介します。

【 】内は当館請求記号です。各専門室などで利用できる資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 音映:東京本館音楽・映像資料室
 関西:関西館総合閲覧室
 子ども:国際子ども図書館
特に記載のないものは、すべて東京本館書庫閉架資料です。

目次

1.マンガ作品を探す
2.マンガに関する文献・情報(人物、評論など)を探す
3.マンガの歴史に関する参考図書
4.マンガ関係リンク集

 

1.マンガ作品を探す

  • NDL-OPAC
    当館は納本制度に基づき、1948年以降に国内で刊行されたマンガ(図書、雑誌など)を網羅的に収集・所蔵しています。また、外国で翻訳・刊行された日本のマンガについても、その一部を収集しています。NDL-OPACの詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で、図書・雑誌のタイトルや著者名から検索できます。
    マンガの図書の大部分は、請求記号がY16(児童図書に分類される漫画本・漫画読物)またはY84(読物・漫画・雑著)で始まります。また、日本十進分類法(NDC)においては基本的に726.1(漫画.劇画.諷刺画)に分類されます。
    例:藤子・F・不二雄『ドラえもん. 1』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小学館 2009 藤子・F・不二雄大全集 【Y16-N09-J161】子ども)、つげ義春『ねじ式』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小学館 1976 小学館文庫 【Y84-1725】)
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
    マンガ雑誌は、2000年までに出版されたもののうち一部をデジタル化し、国立国会図書館デジタルコレクションに収録しています。当館所蔵資料をデジタル化する際、目次情報のテキスト化を行っており、検索画面に作品名を入力して、掲載雑誌・掲載号を調べることができます。ただし、マンガの本文は、当館の施設内(東京本館、関西館、国際子ども図書館)でのみ閲覧できます。
  • メディア芸術データベース マンガ外部サイトへのリンク(文化庁)(https://mediaarts-db.bunka.go.jp/mg/)
    明治初期から2015年までに刊行されたマンガの図書および雑誌掲載作品について、作品名、雑誌名、著者名から検索できます。また、当館のほか、川崎市市民ミュージアム、明治大学米沢嘉博記念図書館、京都国際マンガミュージアム、大阪府立中央図書館国際児童文学館、熊本県菊陽町図書館などの所蔵状況を確認できます。
  • 明治大学米沢嘉博記念図書館外部サイトへのリンク(http://yonezawa.meiji.jp/Opac/search.htm?s=8GVStdqnKi82spSwXL38TPf12Tl)
    マンガ雑誌、マンガの図書のほか同人誌を多数所蔵しています。フリーワード、タイトル、作者、出版元・発売元、出版年月日、資料種別(雑誌、同人誌など)、言語区分、同人誌ジャンルなどから検索できます。
  • 京都国際マンガミュージアム外部サイトへのリンク(http://mmsearch.kyotomm.jp/index_j.html)
    江戸中期以降のマンガ関連歴史資料、世界各国の著名マンガ本、雑誌、アニメーション関連資料など約30万点を収蔵しています。キーワード、年代、作者から検索できます。
  • The Doujinshi & Manga Lexicon外部サイトへのリンク(同人誌データベース・プロジェクト)(http://www.doujinshi.org/search/object/)
    同人誌を含むマンガ出版物に関するデータベースです。タイトル、サークル名、著者、キャラクターなどから検索できます。
  • マンガペディア外部サイトへのリンク(百科綜合リサーチ・センター、リンクトデータ、VOYAGEGROUP)(https://mangapedia.com/)
    マンガに関する総合百科事典です。作品名、作者、登場人物などから検索できます。

 

2.マンガに関する文献・情報(人物、評論など)を探す

  • 『マンガ・アニメ文献目録』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2014 【KC1-L1】人文、音映、関西、子ども)
    1945年から2013年までに国内で発表された、国内外のマンガ・アニメに関する文献21,158点を採録しています。「マンガ・アニメ一般」、「マンガ」、「アニメ」、「作家・作品論(日本)」、「作家・作品論(外国)」の5つに分類されています。
  • 『漫画・アニメの賞事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2012 【KC2-L1】人文、音映、関西、子ども)
    国内79、海外15の漫画・アニメに関する賞の概要、歴代の受賞情報を収録しています。
  • 『漫画家人名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2003 【K9-H4】人文、関西、子ども)
    戦後の新聞・雑誌に作品を掲載したことがある漫画家・漫画原作者3,181人のプロフィールを収録しています。
  • 漫画関連書籍検索外部サイトへのリンク(日本マンガ学会)(http://ww1.yes.ne.jp/akitanet/shosekikensaku.htm)
    マンガの評論書・研究書について、詳しい内容情報を収録したデータベースです。書名、著者名、出版社名、内容・キーワードから検索できます。
  • マンガペディア外部サイトへのリンク(百科綜合リサーチ・センター、リンクトデータ、VOYAGEGROUP)(https://mangapedia.com/)
    マンガに関する総合百科事典です。作品ごとに、あらすじと登場人物・キャラクターの解説、映画化・テレビアニメ化・ゲーム化などのメディアミックス情報を掲載しています。
  • 明治大学米沢嘉博記念図書館外部サイトへのリンク(http://yonezawa.meiji.jp/Opac/search.htm?s=8GVStdqnKi82spSwXL38TPf12Tl)
    マンガの関連書も所蔵しています。資料種別を「参考雑誌」、「参考図書」に指定して、研究書、研究雑誌(一部特集名)を検索できます。
  • Maurice Horn, ed., "The World encyclopedia of comics"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク7v.(Chelsea House c1999 【KC2-A26】人文、関西、子ども)
    世界のマンガに関する百科事典です。おもに作品名、作者名についてアルファベット順に排列しています。巻末に詳しい索引が付いています。

 

3.マンガの歴史に関する参考図書

  • 清水勲『年表日本漫画史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(臨川書店 2007 【KC486-H281】人文、関西、子ども)
    12世紀の「鳥獣人物戯画」から2005年までの日本漫画の歴史を紹介しています。巻末の資料編のうち、特に「漫画関係書一覧」(pp.209-231)が充実しています。
  • 『現代漫画博物館 : 1945-2005』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小学館 2006 【KC486-H249】人文、関西、子ども)
    戦後の代表的なマンガ約750作品を解説付きで収録しています。また、各年代の代表的な漫画雑誌をカラーで紹介しています。
  • 清水勲『「日本」漫画の事典 : 全国のマンガファンに贈る』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(三省堂 1985  Sun lexica ; 24 【KC486-245】人文)
    古代から昭和50年代までの日本漫画の歴史を項目ごとに紹介しています。
  • Matthieu Pinon, Laurent Lefebvre, "Histoire(s) du manga moderne, 1952-2012"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Ynnis éditions  [2015] 【KC486-B327】人文)
    日本のマンガについて、1952年から2012年までの各年を代表する作者を選び、作品などついて述べています。本文はフランス語です。
  • The Media Art Internationalization Promotion Executive Committee [編]"MANGA*ANIME*GAMES FROM JAPAN = ニッポンのマンガ*アニメ*ゲームfrom 1989"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Kokushokankokai Inc 2015 【KC486-B332】人文)
    1989年から2015年までのマンガ、アニメ、ゲームについて、作品を中心に解説しています。巻末に1952年から2015年までの年表が付いています。

 

4.マンガ関係リンク集

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡