トップ調べ方案内歴史・地理地理>朝鮮半島の地名の日本語読み

朝鮮半島の地名の日本語読み

以下の資料およびサイトをご参照下さい。【 】内は当館請求記号です。

1. 現代

以下の資料に、地名の漢字表記と、朝鮮語での発音をカタカナに音写した表記※が収録されています。
※漢字の日本語音読みではありません。例えば、ソウル市の東大門区の場合は、「トンデムング」。

  • 『大韓民国地名便覧. 2012年版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京 日本加除出版、2011 【GE11-J7】)

    2011年9月1日現在の道・市・郡・邑・里等の地名が対象です。

  • 『これアドレス : 住所コードでさがす韓国地名データブック. 2008』([出版地不明] [かじりたてのハングル] 2008 )

    第1巻 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ソウル・仁川・京畿・江原篇)【GE11-J1】、第2巻 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(釜山・大邱・蔚山・慶北・慶南篇)【GE11-J2】、第3巻 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(光州・全北・全南・済州篇)【GE11-J3】、第4巻国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (大田・忠北・忠南篇)【GE11-J4】の4分冊で、韓国の道・市・郡・区・邑・面・洞・里について、2008年8月時点の地名を収録しています。文化観光部告示第2000-8号に基づくローマ字表記も併記されています。

  • 『最新朝鮮民主主義人民共和国地名辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京 雄山閣出版、1994 【GE11-E5】)

    1994年4月時点の情報を、道・市・郡別に収録しています。1993年共和国ローマ字表記法に基づくローマ字表記も併記されています。

ウェブ情報源

2. 戦前

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究