トップ調べ方案内歴史・地理民族>中国・コリアの人名のローマ字表記について

中国・コリアの人名のローマ字表記について

中国については、ウェード式翻字の人名が掲載されているものを主に紹介します。中国語、ハングルを含むアジア言語のローマ字表記については「アジア言語の翻字(ローマ字化)について」の項をご覧ください。(【 】内は当館請求記号、ウェブサイトの最終アクセス日は2020年5月12日です。)

目次

1.中国・コリア
2.中国
3.コリア
3-1.韓国
3-2.北朝鮮

1.中国・コリア

  • 『東洋人物レファレンス事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 1984年) 【GE12-43】
    中国、朝鮮、東南アジアなどの人物6100人について、漢字、日本語よみ、各種ローマ字表記が記載されています。
  • 『アジア歴史事典』(平凡社)【GE8-81】国立国会図書館の所蔵情報へのリンク 【220.033-A983-H】国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
    索引巻ではローマ字からも検索できます。中国人の人名は原則としてウェード式で表記されています。

2.中国

  • Herbert A. Giles『中國人名大字典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(成文出版社 1975年)【GE12-C94】
    "A Chinese biographical dictionary"(1898)のリプリント版。古代から清代までの歴史上の人物2577人を収録しています。ウェード式ローマ字表記の人名で見出しを立て、漢字名、生没年、略歴などを掲載しています。巻末に漢字名の人名索引があります。
  •  Edited by Arthur W. Hummel "Eminent Chinese of the Ching period (1644-1912) "国立国会図書館の所蔵情報へのリンク( U.S. Govt. Print. Off, 1943-44) 【GE12-24】
    清代の著名人についてウェード式ローマ字表記の人名で見出しをたて、漢字名、生没年、略歴などを掲載しています。
  •  "The Cambridge history of China"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(general editors, Denis Twitchett and John K. Fairbank, Cambridge University Press 1978-) 【GE241-42】
    各巻末の索引でウェード式ローマ字表記から漢字を検索することができます。
  •  『中国人名資料事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク全10巻(日本図書センター 1998年)【GE12-G6】
    戦前期の人名録、人名辞典を復刻したもので、中華民国期の中国人名を検索できます。ウェード式によるローマ字表記が主に使用されています。

ウェード式をピンインに変換できれば、ピンインを参考に以下の資料から調べることができます。ウェード式からピンインへの変換については、「アジア言語の翻字(ローマ字化)について」を参照してください。

3.コリア

3-1.大韓民国

2000年7月に韓国の「국어의 로마자 표기법(国語のローマ字表記)」が大幅に改正されましたが、人名については、これまでの慣習にしたがっています。人名のローマ字表記を収録している資料及びウェブ情報源には、以下のようなものがあります。

  • 金容権編『韓国姓名字典 : 韓国・朝鮮の人名を正しく読むために』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク増補改訂(三修社 2007.12)【GE12-J1】
    1988年版【GE12-E2】の増補改訂版です。歴史的に著名な人物、現代の政治家・学者・文学者・スポーツ選手・芸能人など279姓、約3,300の人名を収録しています。それぞれ漢字、ハングル、カタカナ、ローマ字(文教部式)の表記を収録しています。巻末には、韓国、北朝鮮それぞれの、日本語音読みによる五十音順人名索引が付されています。
  •  『한국인물사전(韓国人物辞典)』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(연합뉴스 年刊 【Z42-AK27】)
    韓国における政治・経済・社会・文化・スポーツ・芸能などの各分野の主要人物約2万5千人について、漢字表記・生年・学歴・経歴等が収録されています。ローマ字表記がほとんどの人物に付されています。排列は人名のハングル字母順です。
  •  『東亜年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東亞日報社 年刊 【Z42-AK2】)
    別冊付録に「인명록(人名録)」があり、政治・行政・法曹・地方・経済・社会・文化・教育等の分野の人物について、漢字表記・英文表記・生年・学歴・経歴等を収録しています。ローマ字表記がほとんどの人物に付されています。排列は人名のハングル字母順です。
  •  朝鮮日報人物データベース 조선일보 인물DB(http://db.chosun.com/people/index.html外部サイトへのリンク
    朝鮮日報が提供するデータベースです。各界の主要人物約34万人の人物プロフィール情報が収録されています。ハングル、ローマ字ともに検索できます。

3-2.朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)

  • 金容権編『韓国姓名字典 : 韓国・朝鮮の人名を正しく読むために』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク増補改訂(三修社 2007.12)【GE12-J1】
    1988年版【GE12-E2】の増補改訂版です。北朝鮮の53の姓と594の人名が加えられています。それぞれ漢字、ハングル、カタカナ、ローマ字(韓国文教部式)の表記を収録しています。巻末に、韓国、北朝鮮それぞれの、日本語音読みによる五十音順人名索引が付されています。
  •  『朝鮮民主主義人民共和国組織別人名簿』(RPプリンティング 年刊 【年ごとに請求記号が異なります】)
    朝鮮労働党、国家機関、地方組織等の人物を網羅的に収録しています。人名は漢字・カタカナ・ローマ字で表記されています。 排列は機関別で、巻末に人名の日本漢字音索引および英文表記索引が付されています。
  •  『北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)人名辞典. 1997年版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(世界政経調査会 1996年 【GE12-G4】)
    北朝鮮の政治・経済・軍事・外交等に従事した人物約1,000人の経歴を収録しています。 人名はハングル・カタカナ・ローマ字・漢字で表記されています。 排列は人名のハングル字母順です。
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究