トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学出版>布川文庫

布川文庫

布川文庫の概要と利用方法などについて説明します。

目次

1. 概要
2.検索方法
3. 利用方法
4.参考文献

 

1. 概要

 出版界で広く活躍した布川角左衛門氏(1901-1996)が収集した約25,100点の出版関係コレクションです。1987(昭和62)年11月に寄託契約を締結し、支部上野図書館(当時)で保管していました。上野図書館の改修工事に伴い、東京本館へ資料を移送し、寄贈の手続を行いました。2004(平成16)年に特別コレクションとして指定し、一般公開しました。
 図書(和図書約12,100冊、洋図書約600冊)、逐次刊行物(和雑誌約12,100冊(約1,700タイトル)、洋雑誌約100冊(約30タイトル)、新聞60部(約20タイトル))、アジア言語資料約200冊から構成されています。内容は、出版史、出版社史、出版人の伝記、出版事情や出版論、出版法制、編集・印刷・製本など出版関係を中心に、ジャーナリズム、書誌学、図書館関係まで広範囲にわたります。
 その中には、『太陽』(明治28年創刊)や『新小説』(明治22年創刊)など雑誌、新聞の創刊号が含まれます。資料は原則として原装保存しており、図書のカバー・帯などが保持され、雑誌は製本されていない状態です。
 布川文庫資料の大部分は東京本館人文総合情報室で提供していますが、幕末・明治初期までの和古書、和雑誌、新聞は東京本館古典籍資料室で、アジア言語資料(中国語・朝鮮語を除く)は関西館アジア情報室で提供しています。

 

2. 検索方法

 東京本館人文総合情報室で提供している布川文庫資料は、NDL-OPACでは検索できません。以下の閲覧用リストやデータベースで検索してください。なお、冊子体の閲覧用リスト(東京本館古典籍資料室、関西館アジア情報室で提供する資料を含む)が、人文総合情報室に備え付けてあります。

 

3. 利用方法

 東京本館人文総合情報室および古典籍資料室で提供している布川文庫資料の利用には閲覧許可申請が必要です。資料の状態によってはご利用になれない場合があります。また、劣化の進んだ資料が多いため、複写については提供している各カウンターにご相談ください。
 なお、古典籍資料室提供の貴重書・準貴重書(請求記号が「WA」「WB」で始まるもの)の原資料の閲覧は、事前の申請が必要です。来館当日の閲覧はできません。まず、古典籍資料室にお問い合わせください。詳細は古典籍資料室の案内をご覧ください。

 

4. 参考文献

【 】内は当館請求記号です。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡