トップ調べ方案内経済・産業統計を調べる>長期統計

長期統計

日本における長期統計を紹介します。掲載されている統計には出典となる統計名が記載されており、調査を広げることもできます。

【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルを入力して検索してください。

目次

1.インターネット情報源
2.戦前に刊行された統計資料
3.戦後に刊行された統計資料

1.インターネット情報源

  • 長期経済統計(LTES)検索システム外部サイトへのリンク(一橋大学経済研究所)
    「3.戦後に刊行された統計資料」で紹介する『長期経済統計』(東洋経済新報社 1965-1988)をデータベース化したものです。

2.戦前に刊行された統計資料

3.戦後に刊行された統計資料

  • 『日本長期統計総覧』(日本統計協会 1987-1988 【DT31-E1】)
    明治初期から昭和60(1985)年頃までの広範な分野におけるデータを収録しています。第5巻に全巻を通した事項索引があります。
  • 『日本長期統計総覧-新版』(日本統計協会 2006)
    旧版を拡充し、明治初期から平成15(2003)年頃までの長期統計を収録しています。全巻を通した総索引が別冊になっています。官公庁またはこれに準ずる機関が公表したデータを掲載しています。同様のデータを日本の長期統計系列で見ることができます。(ただし「日本の長期統計系列」には索引がなく、目次を通覧して調べたい統計を探す必要があります。)
  • 『完結昭和国勢総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東洋経済新報社 1991 【DT31-E7】)
    第4巻に全巻を通した事項索引があります。第一次国勢調査が行われた大正9(1920)年頃から昭和63(1988)年頃までの広範な分野における主要統計を掲載しています。戦時中の統計や、旧植民地(朝鮮、台湾など)の統計なども収録しています。(目次
  • 『数字でみる日本の100年』(矢野恒太記念会 不定期刊)
    経済・社会分野の総合統計である『日本国勢図会』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(矢野恒太記念会 年刊 【Z41-107】)の長期版です。(目次例:2020年版
  • 『長期経済統計:推計と分析』(東洋経済新報社 1965-1988 【330.59-Ty9924】)(国立国会図書館デジタルコレクション:1国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,2国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,3国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,4国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,5国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,6国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,7国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,8国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,9国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,10国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,11国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,12国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,13国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク,14国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク
    明治以降の統計を加工した長期統計で全14巻から成ります。各巻の内容は、国民所得、労働力、資本ストック、資本形成、貯蓄と通貨、個人消費支出、財政支出、物価、農林業、鉱工業、繊維工業、鉄道と電力、地域経済統計、貿易と国際収支となっています。

関連するレファレンス事例(レファレンス協同データベース)へのリンク

 

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)