トップ調べ方案内科学技術・医学生物学・農学生物学>絶滅危惧種について調べる

絶滅危惧種について調べる

絶滅危惧種について調べるための資料には以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACに資料名を入力し、検索してください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. レッドリスト・レッドデータブックとは
2. 日本の絶滅危惧種について調べる
3. 世界の絶滅危惧種について調べる
4. インターネット情報

 

1. レッドリスト・レッドデータブックとは

絶滅危惧種について調べるための代表的な資料にレッドリスト、レッドデータブックがあります。
絶滅のおそれのある野生動物の種をリスト化したものが「レッドリスト」であり、レッドリストに掲載された種について、形態や分布域などの詳細な情報をまとめた資料が「レッドデータブック」です。代表的なものとして、環境省外部サイトへのリンク(http://www.env.go.jp/)や国際自然保護連合外部サイトへのリンク(International Union for Conservation of Nature and Natural Resources:IUCN)(http://www.iucn.org/)が公表しているレッドリスト・レッドデータブックがあります。この他、各都道府県や学会などで独自にレッドリスト・レッドデータブックを作成、公表している場合があります。

 

2. 日本の絶滅危惧種について調べる

  • 『レッドデータブック = Red data book : 日本の絶滅のおそれのある野生生物』 (環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室 編 ぎょうせい 2014-2015)
    2012年から2013年に環境省が公表した「第4次レッドリスト」外部サイトへのリンク(http://ikilog.biodic.go.jp/Rdb/booklist)に基づくレッドデータブックです。「2014-1 (哺乳類)」、「2014-2 (鳥類)」、「2014-3 (爬虫類・両生類)」、「2014-4 (汽水・淡水魚類)」、「2014-5 (昆虫類)」、「2014-6 (貝類)」、「7 その他無脊椎動物(クモ形類・甲殻類等)」、「2014-8 植物1 (維管束植物)」、「2014-9 植物2 (蘚苔類・藻類・地衣類・菌類)」の全9巻から成ります。各種について、絶滅危険度を示すカテゴリー、形態、分布域、生息環境、個体数の現況、保護対策の現状などを解説しています。
  • 『レッドデータ日本の哺乳類』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (文一総合出版 1997.9 【RA571-G135】)
    日本哺乳類学会が公表したレッドデータブックです(同学会が独自にレッドリスト、レッドデータブックを作成・公表したのは、この時のみです。)。日本産哺乳類約150種について、「絶滅」、「絶滅危惧」、「危急」、「希少」、「普通」、「不能」(情報不足のため、「絶滅」から「普通」のいずれかに決定できない)の6種類の独自のランクで絶滅危険度を評価しています。各種について、ランク、そのランクと評価した理由、現状(生息地域などの情報)、保全対策などを解説しています。絶滅以外のランクの種については、「保護すべき地域個体群」(地域的に孤立している個体群で、絶滅の危険性が高く、早急に対策を講じる必要のある個体群)を指定している場合もあります。一部の種についてはイラストを掲載しています。この他、野生哺乳類の保護に関する法律を解説しています。巻末に和名索引があります。
  • 『日本の希少な野生水生生物に関するデータブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (水産庁 編 日本水産資源保護協会 1998 【RA145-G77】) (目次)
    水産資源の持続的活用に資することを目的としてまとめられた、『日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料』(1:1994~5:1998 【RA145-E150】)において、「絶滅危惧種」、「危急種」、「希少種」と評価された種(亜種)を解説した資料です。各種について、形態、分布、生態、漁業との関連、現状評価、参考文献などを掲載しています。巻頭に、評価別種類数一覧と分野別評価一覧があり、巻末には、『日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料』の掲載頁を標準和名から調べることができる索引があります。なお、世界自然保護基金ジャパンのホームページの「水産庁のレッドデータブック」外部サイトへのリンク(http://www.wwf.or.jp/activities/wildlife/cat1014/cat1085/#06)では、本資料と環境省が公表するレッドリスト及びレッドデータブックとの違いを解説しています。

 

3. 世界の絶滅危惧種について調べる

  • 『世界の絶滅危惧生物図鑑 : IUCNレッドリスト』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (IUCN 編 丸善出版 2014.1 【RA4-L4】)
    国際自然保護連合(International Union for Conservation of Nature and Natural Resources:IUCN)が作成したレッドリストに掲載された生物(菌類・変形菌類及び植物を含む)の中から約360種を選び、解説した資料です。絶滅危険度を示すカテゴリー、生態、保護対策の現状、生息地域などの情報をまとめており、カラー写真も掲載しています。巻頭では、IUCNレッドリストに関する基礎情報や歴史を解説しています。巻末に、参考文献、用語解説、和名索引、学名索引などがあります。出版社のホームページで、掲載種外部サイトへのリンクを確認できます(https://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/news_event/2014/108764.html)。
  • 『絶滅危惧動物百科』 (朝倉書店 2008.4- 2008.9)
    イギリスで出版された"Endangered Animals"(Andromeda Oxford Limited 2002)を翻訳した全10巻の資料です。第1巻では、絶滅危惧種全般に関する情報を扱っており、保全のための組織、個体数減少の原因、保全活動の実際などを解説しています。第2-10巻では、約400種の絶滅危惧動物を和名50音順に排列し、各種について見開き2ページで解説しています。IUCN作成のレッドリストにおけるカテゴリー(絶滅危険度)、世界の個体数、分布、生息場所、繁殖などの情報をまとめており、カラーの写真または図を掲載しています。各巻末に、用語解説、参考文献、参考ウェブサイト、学名・和名索引などがあります。出版社のホームページで、目次外部サイトへのリンク(https://www.asakura.co.jp/special/endangeredAnimals/)を確認できます。
  • 『絶滅危惧種図鑑レファレンス事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日外アソシエーツ 2012.12 【RA2-L4】)
    国内外の絶滅種や絶滅危惧種など約6,500種について、国内の代表的な図鑑328種433冊の掲載箇所を収録した索引誌(レファレンスブック)です。掲載種は、動物、魚類、昆虫、植物に大別の上、それぞれ一般的な名称の50音順に排列されています。各種について、学名(英名)、漢字表記、解説(科名などの分類、種類、別名、大きさ、分布地など)、環境省作成のレッドリストカテゴリー、掲載図鑑名(略号で記載。正式名称は別表の一覧にあり。)、掲載ページ、図版種類(カラー/モノクロ、写真/図)をまとめています。巻頭にレッドリストカテゴリー一覧、巻末に学名索引があります。

 

4. インターネット情報

  • 環境省 自然環境局 生物多様性センター外部サイトへのリンク (http://www.biodic.go.jp/index.html)
    ホームページ>レッドデータブック・レッドリスト>RDB・RL外部サイトへのリンク(http://ikilog.biodic.go.jp/Rdb/booklist)で、環境省が2006年から2007年に公表した「第3次レッドリスト」及び2012年から2013年に公表した「第4次レッドリスト」が閲覧できます。
    環境省が公表したレッドリストは、環境省ホームページの報道発表資料一覧外部サイトへのリンク(http://www.env.go.jp/press/index.html)から検索して閲覧することもできます。「第4次レッドリスト」を一部見直した「環境省レッドリスト2015」の閲覧も可能です。
  • The IUCN Red List of Threatened Species外部サイトへのリンク (International Union for Conservation of Nature and Natural Resources) (http://www.iucnredlist.org/)
    IUCNが作成したレッドリストに関するデータベースです。2015年12月現在、約80,000種の生物(植物、菌類、原生生物を含む)を収録しており、うち約23,000種が絶滅危惧種とされています。キーワードの他、分類、分布(国別で指定できます。なお日本の場合、さらに、北海道、本州、四国、九州などで絞り込むことが可能です。)、生息地(森林や砂漠など)などから検索できます。検索結果では、絶滅危険度を示すカテゴリー、そのカテゴリーに分類した理由、個体数、絶滅危惧種となった要因、保護対策の現状などを解説し、生息場所を示した地図、参考文献などを掲載しています。一部の種については、写真を掲載しています。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡