トップ調べ方案内科学技術・医学技術・工学材料工学>ナノテクノロジーに関する技術動向レポート類

ナノテクノロジーに関する技術動向レポート類

ナノテクノロジーに関する技術動向レポート類には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. ナノテクノロジー全般に関する技術動向レポート類
2. ナノテクノロジーの安全性に関する技術動向レポート類
3. 応用分野別の技術動向レポート類

 

1. ナノテクノロジー全般に関する技術動向レポート類

  • 『ナノテクノロジー時代の含浸技術の基礎と応用』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (テクノシステム 2007.4 【M213-H193】) (目次)
    基礎編と応用編の2編から成ります。基礎編では各種含浸現象を解析するための理論式の導出方法を詳細に解説しています。「界面張力」、「接触角」、「毛細管浸透」、「多孔質への含浸」などの章ごとに解説がなされています。応用編では含浸あるいは浸透技術が部材や部品あるいは機器の信頼性の高い精密加工を可能にしたことについて述べており、繊維・ポリマー・木材などの素材ごとの処理技術を解説しています。また最後の「第23章 含浸関連技術と最新の動向」では、含浸技術の最新動向とその課題が述べられています。
  • 『ナノシミュレーション技術ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (共立出版 2006.7 【MA211-H283】) (目次)
    ナノテクノロジーの物質・材料に関わる多様なシミュレーション技術に関する情報を事典的に集約した資料です。ナノシミュレーションの第一原理計算の基礎から応用までがまとめられています。「第1部 ナノシミュレーションの適用事例」、「第2部 シミュレーション手法」、「第3部 分子軌道法」、「第4部 密度汎関数法」、「第5部 分子動力学法」、「第6部 モンテカルロ法」、「第7部 計算アルゴリズム」、「第8部 計算ソフトウェアおよびコンピュータシステム」の8部から成り、ナノメートルオーダのシミュレーションについて、包括的に扱う構成になっています。
  • 『自己組織化ナノマテリアル : フロントランナー85人が語るナノテクノロジーの新潮流』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (フロンティア出版 2007.2 【M213-H192】) (目次)
    ナノマテリアル研究における自己組織化と自己集合の意味と将来展望について、各分野の先導的研究者が執筆した文書をまとめた資料です。全8章で構成されており、第1章が自己組織化の概念や研究の方向性などを示した総論、第2〜8章が「2次元ナノマテリアル(面)」、「フラクタル次元ナノマテリアル」など、次元ごとの章立てになっています。各章では研究の歴史と現状や自己組織化の役割と展望などをまとめています。巻末には座談会の記録という形で、編集委員による総括が掲載されています。
  • 『ナノパーティクルテクノロジーハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日刊工業新聞社 2006.4 【M21-H190】) (目次)
    ナノテクノロジーにとって重要な基盤技術の1つである「ナノパーティクルテクノロジー」の基礎と応用について論じた資料で、研究者や技術者がナノ粒子(パーティクル)に関する技術を一望できる内容となっています。「基礎編」では、「ナノ粒子の基礎物性と測定法」、「ナノ粒子の構造制御」、「ナノ粒子およびナノ粒子分散系の特性と挙動」、「材料のナノ構造制御」、「材料ナノ構造の測定法」、「ナノ構造体の特性評価法」、「ナノ粒子と環境,安全性」の7章で構成され、プロセスと特性評価の観点からナノパーティクルテクノロジーの基礎を網羅しています。「応用編」は「アルコキシシランを用いたシリカ微粒子の分散と工業化」や「ナノ粒子による新化粧品開発」など、44のトピックスから成り、ライフサイエンス、環境・エネルギー、情報通信、材料などの様々な分野における応用例について、将来的な可能性も含めて解説しています。
  • 『ナノ粒子・超微粒子の新展開』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (東レリサーチセンター 2005.9 【PA151-H48】) (目次)
    ナノ粒子・超微粒子の新しい創製法や最新の応用例を調査・整理した資料で、全4章から成ります。「第1章 序論」では物質をナノサイズ化することによって発現する新機能と世界におけるナノテクノロジーの研究状況や特許出願数の推移をまとめています。「第2章 ナノ粒子・超微粒子の製造方法」ではナノ粒子・超微粒子の製造方法を液相法、固相法、気相法、自己組織化による方法に大分類し、その原理と具体例について述べています。「第3章 超分子」ではクラウンエーテル、シクロデキストリン、カリックスアレーンなどの超分子の例を取り上げ、関連公開特許の精査を通してその創製法や用途展開状況の実情を解説しています。最後に「第4章 ナノ粒子・超微粒子の機能発現と応用」では、電子特性、光学特性、磁気特性、触媒特性などのナノ粒子・超微粒子の機能発現と応用技術の最新動向について詳細に解説しています。

 

2. ナノテクノロジーの安全性に関する技術動向レポート類

  • 『ナノ粒子の有害性評価とリスク対策』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (技術情報協会 2007.10 【M21-H280】) (目次)
    ナノ粒子が人体に与える影響とナノ粒子の特性・毒性評価法、安全性試験の動向などをまとめたレポートです。「第1章 ナノ粒子毒性研究の現状と課題」では、ナノテクノロジー開発の現状と社会受容について、「第2章 ナノ粒子・微粒子の体内への侵入と体内移行メカニズム」と「第3章 粉塵・微粒子における医学的な症例と生体影響研究、曝露の現状と対策」では、ナノ粒子の人体への進入経路、体内分布の標的となる臓器や生体機能、アスベストに代表される粉塵の生体への影響について解説しています。「第4章 粒子特性評価法および毒性評価法」、「第5章 ナノ粒子・微粒子の毒性評価・安全性試験の動向」、「第6章 工業ナノ粒子の暴露評価研究と対策の現状」、「第7章 ナノ粒子リスク評価における現状と課題」では、ナノ粒子の特性・毒性評価の様々な手法や安全試験実施の現状について解説しており、国内外のナノ粒子リスク評価プロジェクトにも触れています、最後に「第8章 ナノ粒子・微粒子を防ぐ呼吸保護具の種類と評価」では、防じんマスクや防毒マスクなどの保護具の種類とその特徴や使用上の注意点などを解説しています。
  • 『ナノ素材の毒性・健康・環境問題』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (エヌ・ティー・エス 2007.12 【M213-J9】) (目次)
    ナノ素材に関する3つの重要問題を「毒性学」、「健康」、「環境」の3領域に分けて論じています。「PART I 毒性」には、化粧品、歯科充填材料、水濾過装置などに応用されている金属酸化物ナノ粒子類についてのレポートが収載されています。「PART II 健康」では、ナノ素材の健康影響について論じており、ナノ粒子類の体内への進入経路、血液から組織内へ移行するナノ粒子類とヒトの一次内皮細胞に対する影響などを検討しています。「PART III 環境」では、環境改善に役立つナノ素材について解説しており、水処理用ナノ材料類や水中内分泌攪乱物質の除去用ナノ材料類などを紹介しています。各章末には参考文献が紹介されており、巻末には五十音順のキーワード索引が付されています。

 

3. 応用分野別の技術動向レポート類

  • 『化粧品開発とナノテクノロジー』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (シーエムシー出版 2007.10 【PA555-J2】) (目次)
    化粧品に応用されているナノテクノロジーについて解説しています。「第I編 概論」、「第II編 ナノテクノロジーの化粧品への応用」、「第III編 開発動向」、「第IV編 法規制と特許動向」の4編から成ります。「スキンケア化粧品における乳化技術」、「化粧品製造における最新攪拌技術」などのテーマで各分野の技術者や研究者が執筆しており、最近の技術動向が分かる内容になっています。
  • 『機能性顔料とナノテクノロジー』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (シーエムシー出版 2006.10 【PA517-H39】) (目次)
    機能性顔料に応用されるナノテクノロジーの最新技術についてまとめた技術書です。「無機顔料編」、「有機顔料編」、「応用・分散技術編」の3編から成ります。無機顔料編では「酸化チタン」、「ナノテク機能性顔料としての酸化亜鉛」、「複合酸化物顔料」など、金属酸化物や金属粉顔料などの機能と特異な光学的性質を示す顔料についてまとめています。有機顔料編ではフタロシアニンの機能、有機蛍光顔料および染料カプセル化技術を、応用・分散技術編では分散技術と自己分散型カーボンブラックの応用例を取り上げて解説しています。
  • 『ナノバイオテクノロジーの応用展開』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (東レリサーチセンター調査研究部門 2005.9 【RA71-H153】) (目次)
    ナノテクノロジーとバイオテクノロジーの融合領域であるナノバイオテクノロジーの再生医療、DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)、医療デバイス、ナノマシン、生体加工技術、化粧品などの分野で利用される技術の最新動向と将来展望について解説しています。巻頭ではナノテクノロジーに関する政策や市場動向についても解説されており、ナノバイオテクノロジーに関する動向を一通り把握できる構成となっています。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究