「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップ調べ方案内科学技術・医学技術・工学エネルギー工学>水素エネルギー・燃料電池について調べる

水素エネルギー・燃料電池について調べる

水素エネルギーや、水素等を利用した燃料電池について調べるための資料には、下記のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版や巻によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルからお調べください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

 

  • 『水素の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (朝倉書店 2014.4 【M2-L14】)
    水素について、基本的な性質から実際の応用及び近未来のエネルギーとしての可能性までを、環境問題を踏まえて体系的に解説しています。基礎編と応用編に分かれており、基礎編では、水素の基本的な性質や分析法について記載しています。応用編では、水素の製造・貯蔵・輸送について詳細に解説した上で、エネルギーキャリアとしての水素の利用のほか化学プロセス原料としての利用や医療分野での利用についての現状と展望、さらに水素エネルギーシステム実用化へ向けての道筋までを記載しています。巻末に索引があります。
  • 『水素・燃料電池ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (オーム社 2006 【PA2-H70】) (目次)
    燃料電池と水素エネルギーに関して広く掲載しています。「第1部 基礎編」では、まず燃料電池全般に共通する作動原理、構造、性能等について解説したあと、電池の種類別に、原理、構造などを解説しています。「第2部 応用編」では、定置用、自動車用、モバイル機器用といった用途ごとに、開発動向、商用化のための条件等を解説しています。「第3部 水素エネルギー」では、水素エネルギーの様々な側面について解説しています。「第4部 資料編」では、各種の熱計算の手法、特許情報、国家プロジェクトの展開、審議会の動き等をまとめています。巻末に索引があります。 
  • 『よくわかる水素技術』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本工業出版 2008.1 【M265-J33】) (目次)
    水素エネルギーに関する技術全般についての資料です。水素を製造、運搬・貯蔵、利用、計測するための技術を中心に解説しています。
  • "Handbook of hydrogen energy"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (CRC Press/Taylor & Francis Group [2015] 【M265-B84】)
    水素エネルギーに関する技術について解説したハンドブックです。水素の製造、運搬と貯蔵、変換と利用、安全性とセンサーなどに関わる技術について解説しています。付録として、水素やその他のガスの熱力学的性質についての図表が豊富に掲載されています。巻末に索引があります。
  • "Handbook of fuel cells:fundamentals, technology, and applications"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Wiley  c2003-2009 【PA185-B2】)
    燃料電池分野全体を概観することを目的とした、全4巻から成るハンドブックです。第1巻では電気化学(質量輸送や熱輸送の原理など)、第2巻では電極触媒作用(原理、および燃料電池の種類ごとの作用過程)について解説しています。第3巻および第4巻では、材料およびシステムについて技術の詳細を解説し、将来予測を述べています。第4巻の巻末に索引があります。
  • "Fuel cells:current technology challenges and future research needs"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Elsevier 2013 【PA185-B40】) (目次)
    燃料電池について、技術開発の経緯に重点を置き解説した資料です。アルカリ電解質型、リン酸型など各種燃料電池の技術を概説するとともに、各種類の電池の技術開発の歴史を解説しています。欧州、日本、米国における技術開発の現状や、技術開発に関する提言も掲載しています。巻末に索引があります。
  • 「水素・燃料電池戦略ロードマップ」外部サイトへのリンク (経済産業省) (http://www.meti.go.jp/press/2014/06/20140624004/20140624004.html)
    経済産業省のホームページ(http://www.meti.go.jp/)で公開されている資料です。今後の水素エネルギーや燃料電池の利活用のあり方についてまとめています。水素エネルギーや燃料電池の普及の意義を確認した後、目指すべき目標と、その実現のための産学官の取組みについて、時間軸を明示したロードマップを示しています。
  • 「NEDO水素エネルギー白書」外部サイトへのリンク (新エネルギー・産業技術総合開発機構) (http://www.nedo.go.jp/library/suiso_ne_hakusyo.html)
    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のホームページ(http://www.nedo.go.jp/)で公開されている資料です。水素エネルギーに関して、社会による理解を深めるために刊行されました。水素エネルギーについての概要を述べた後、国内外での水素エネルギー導入に向けた取り組みを紹介し、水素エネルギーの市場の現状と展望を解説しています。さらに、水素エネルギーの安全性確保に向けた取組みや、社会受容性を向上させる取組みについて述べた後、水素の製造、貯蔵・輸送、供給、利用に関連する技術を簡潔にまとめています。最後に、水素エネルギーを社会に定着させるにあたっての課題の一覧と、それらを解決するための方向性を示しています。巻末の第8章(pp.154-161)は水素エネルギーに関する用語集となっています。また、第9章(pp.162-164)は参考資料の一覧となっています。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究