トップ調べ方案内歴史・地理地図日本の地図>海図

海図

海図とは、安全な航海ができるように水深・底質・岩礁・沿岸の地形・航路標識などを表現した地図です。日本における海図の作成は海上保安庁が行っています。このページでは、当館が所蔵する日本の海図について紹介します。

目次

1. 国立国会図書館の所蔵
1-1. 航海用海図
1-1-1. 航海用海図
1-1-2. 航海用電子海図
1-1-3. 国際海図
1-2. 水路特殊地図
1-3. 海の基本図
1-3-1. 沿岸の海の基本図
1-3-2. 大陸棚の海の基本図
1-3-3. 太洋の海の基本図
1-4. 水路書誌
2. 資料の利用方法
2-1. タイトルから検索
2-2. 海図番号から検索
3. 参考図書
4. 関連サイト

 

1.国立国会図書館の所蔵

東京本館地図室では、現行の海図の他に、明治期以降に作成され既に廃版となった旧版海図についても所蔵しており、いずれもNDL-OPACで所蔵を確認することができます。
 

1-1. 航海用海図

1-1-1. 航海用海図(Nautial Charts)

もっとも一般的な海図です。縮尺によってさらに、遠洋航海計画用の「総図」(1:4,000,000以下)、長距離航海用の「航洋図」(1:1,000,000以下)、沿岸航海用の「航海図」(1:300,000以下)や「海岸図」(1:50,000以下)、港湾や泊地、水道などを詳細に記載した「港泊図」(1:50,000以上)に分類されます。
大縮尺のものは、沿岸地域の地形も詳細に記載されており、地形図の代用として利用できるものもあります。

1-1-2. 航海用電子海図(Electronic Navigational Charts)

紙の航海用海図とほぼ同じ内容を持つ、「電子海図表示システム(ECDIS)」上で自船の位置情報などと重ね合わせて表示させるためのデータベースです。
音楽・映像資料室でCD-ROMを所蔵していますが、表示装置として「電子海図表示システム(ECDIS)」が必要であり、当館では利用できません。

1-1-3. 国際海図

国際水路機関(IHO)により統一された作成基準によって、各国で分担して作成されている海図です。日本も、日本近海部分の作成を担当しています。

1-2. 水路特殊図(Miscellaneous Charts)

航海や学術研究の参考として使用される海図です。「大圏航法図」、「パイロットチャート」、「海流図」、「潮流図」、「位置記入用図」、「天測位置記入用図」、「漁具定置箇所一覧図」「磁気図」、「海図図式」などがあります。

1-3. 海の基本図(Basic Maps of the Sea)

海上保安庁では、海洋開発や環境保全、災害対策の防止などの総合的な基礎資料として、日本周辺海域における科学的な基礎調査を行い、その成果が「海の基本図」として刊行されています。

1-3-1. 沿岸の海の基本図(1:10,000、1:50,000)

日本の領海12海里海域について作成されており、海底の地形を等深線で表した「海底地形図」と海底下の地質構造を表した「海底地質構造図」があります。

1-3-2. 大陸棚の海の基本図(1:200,000、1:500,000、1:1,000,000)

図郭線で連続する切り図で日本周辺をカバーしており、「海底地形図」の他、「海底地質構造図」、「地磁気異常図」「重力異常図」が刊行されている場合もあります。

1-3-3. 大洋の海の基本図(1:3,000,000)

日本近海を小縮尺でカバーしており、「海底地形図」の他、「地磁気異常図」、「重力異常図」が刊行されている場合もあります。

1-4. 水路書誌

海図と併用されるものとして、「水路誌」「特殊書誌」があります。「水路誌」は海上の諸現象、航路、港湾、漁港、泊地、沿岸の状況を詳細に記述した海の案内記です。「特殊書誌」には、「航路誌」、「灯台表」、「潮汐表」、「天測暦」、「距離表」、「水路図誌目録」などがあります。

 

2.資料の利用方法

海上保安庁刊行の『水路図誌目録国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』から、発行されている海図の図名・海図番号などを調べることができます。

2-1. タイトルから検索

NDL-OPAC詳細検索画面国立国会図書館の所蔵情報へのリンクで、所蔵場所のプルダウンから「東京:地図室」を選択し、「タイトル」欄に図名を入力して、検索してください。
検索結果が多い場合には、「請求記号」欄に、「YG4-Z*」(のし図の場合)あるいは「YG26-Z*」(折りたたみ図の場合)を入力すると、海図のみに絞り込むことができます。

海図は、港や岬、島などの固有名詞そのものがタイトルになっている場合が一般的であり、水路図誌目録などで図名を確認していない場合でも、「利尻島」「室戸岬」「大阪湾」などの検索語でヒットする場合があります。

「水路誌」及び特殊書誌については、戦前の一部のものを除き、ほとんどの資料が図書として整理されていますので、所蔵場所のプルダウンから「東京本館」を選択して検索してください。

2-2. 海図番号から検索

水路図誌目録などで海図番号が判明している場合は、NDL-OPAC詳細検索画面国立国会図書館の所蔵情報へのリンクの検索項目に「海図番号」を選択して、海図番号を入力して検索します。

 

3. 参考図書

 

4. 関連サイト

  • 海上保安庁海洋情報部「海の相談室」外部サイトへのリンク(http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/annai.html)
    「海の相談室」では、現行の海図・水路図誌、過去の一部の図誌、海外の一部の図誌等を閲覧することができます。
  • 海洋台帳外部サイトへのリンク(http://www.kaiyoudaichou.go.jp/)(海上保安庁)
    海洋に関するさまざまな情報を一つの図上に表示させることができるシステムです。閲覧できる情報には、社会情報(漁業権、海岸保全区域等)、海事情報(航路標識、航路、米軍演習区域、沈船エリア等)、海洋情報(リアルタイム水温、海流、水深、等深線など)があります。
  • 日本水路協会外部サイトへのリンク(http://www.jha.or.jp/)(財団法人日本水路協会)
    海図ネットショップ外部サイトへのリンクで索引図の閲覧や様々な海図を購入できるほか、海圖アーカイブ外部サイトへのリンクのページでは、明治初期に作成された海図のデジタル画像と旧版海図の目録が公開されています。
  • 海洋図専門部会外部サイトへのリンク(http://www.jmc.or.jp/gakkai/senmon/kaiyou/index.htm)(日本地図学会)
    海洋図に関する文献リストやリンク集が掲載されています。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡